ホンダF1
ホンダのF1エンジンのパフォーマンスはルノーに“非常に近い”とF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は語る。

ホンダは、2015年のF1復帰以来、メルセデス、フェラーリ、ルノーのパワー出力レベルに近づくことに苦労してきた。今シーズンも厳しいスタートを切ったホンダだが、パフォーマンスと信頼性を徐々に向上させてきた。

ホンダがF1アゼルバイジャンGPでコンマ数秒の価値があるとしたアップグレード版“スペック3”エンジンを導入したあたりからブレイクスルーの兆候が表れており、長谷川祐介は、“スペック3.5”を導入したスパ以降でルノーとのギャップは縮まったと感じている。

「シーズン序盤から我々はパワーユニットを改善させてきました。パフォーマンス面だけでなく、信頼性もです」と長谷川祐介は Autosport にコメント。

「スペック3.5エンジンを導入して以降、パフォーマンスレベルはルノーに非常に近づいていると思います」

「ルノーよりも優れているとは言えませんが、重要なことは信頼性がはるかに良くなっていることです」

F1に復帰して以来、ホンダはライバルのエンジンメーカーに最も近づいていると感じているかと質問された長谷川祐介は「そうですね。そう思います」とコメント。

「十分に近づいているわけではないですが、昨年や初年度と比較してギャップは非常に小さいです」

ホンダは2018年も現在のコンセプトを継続する計画であり、昨年のような劇的な変化よりも進化させることを選んだ。

長谷川祐介は、2018年にホンダがライバルに匹敵できることを期待していると語る。

「現在のコンセプトに疑いは持っていません」と長谷川祐介はコメント。

「我々はルノー、フェラーリ、メルセデスに非常に似たコンセプトを選んでいます」

「現在のコンセプトで同じレベルのパフォーマンスを達成できない理由はありません」

ホンダは今シーズン限りでマクラーレンとのパートナーシップを解消し、2018年からトロ・ロッソにF1パワーユニットを供給する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダ