ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ 本田技研工業
本田技研工業のブランド・コミュニケーション本部長を務める森山克英は、F1の有料放送化がF1にダメージを与えていると考えており、無料での地上波放送の重要性をF1公式記者会見の場で説いた。

世界ではF1の有料放送化への動きが進んでいるが、来年カレンダー復帰するフランスは、先週4レースを無料ライブ放送することを発表した。

現在、F1にはフランスのメーカーであるルノー、そして、フランス人ドライバーのロマン・グロージャン、エステバン・オコンが参戦。来年にはピエール・ガスリーもF1デビューを果たすと見込まれている。

ホンダはトロ・ロッソをパートナーとして今後3年間F1を戦うことになるが、F1シンガポールGPの金曜記者会見に出席した森山克英に対して、記者から日本の他メーカーがF1に参戦してもらうために、F1は何をしなければいけないと思うかとの質問が飛んだ。

森山克英は「今、日本ではF1はTVの地上波で放送されていません。衛星放送を通じて有料で見られるという環境なので、そこが一番大きなところだと思います」とコメント。

「ホンダとしてもプロモーション活動を強化しながら、しっかりとお客様にリーチしなくてはいけないと思っています」

英国では、有料のライブ放送を観る前に、1ヵ月間、無料でハイライト版のF1を見ることができる。だが、FOMとチームにとってテレビ収益は重要なものであり、F1のコマーシャルディレクターを務めるショーン・ブラッチズは、有料放送と無料放送を混在させる英国のモデルを適用したいと考えている。

日本では、フジテレビが2012年まで25年放送してきた地上波でのF1を放送してきたが、2013年にはBSフジでの無料放送へ移行。しかし、それも2015年で終了し、現状はCS放送のフジテレビNEXT、もしくはDAZNでの有料放送のみとなっている。

だが、日本では有料放送への敷居はまだまだ高い。先日、日本テレビがドラマの最終回の“完結編”をHuluで放送することを発表して波紋を呼び、後に“完結編ではなく番外編”と改める騒動となった。Huluも最初の2カ月間は無料、その後、有料化というモデルを採用している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダ