ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ 本田技研工業
ホンダは、トロ・ロッソに2018年からF1パワーユニットを供給することを正式発表。『トロ・ロッソ ホンダ』の誕生とともに、ホンダが来季もF1活動を継続することが決定した。

ホンダは、2015年からパートナーシップを結んでいたマクラーレンとの契約解消を発表。供給先がない場合はF1撤退となる可能性があった。

しかし、ホンダは15日(金)、2018年から新たにスクーデリア・トロ・ロッソにF1パワーユニットを供給することを発表。これにより、トロ・ロッソをワークスチームとした1チームへの供給体制となる。契約は複数年。

今年、ルノーのF1パワーユニットを搭載しているトロ・ロッソは、親チームのレッドブル製のギアボックスを使用しているが、そのまま使用できるかは不明。これまでの報道では、ホンダとのパートナーシップを解消したマクラーレンがトロ・ロッソにギアボックスを供給するとされている。

八郷隆弘 (本田技研工業株式会社 代表取締役社長)

「トロ・ロッソは、才能あるドライバーを数多く輩出してきた若さと勢いのあるチームで、彼らと共にチャレンジできることを、とても嬉しく思います。また、このパートナーシップの実現に向け、ご協力をいただいたリバティメディアとFIAに対して感謝を申し上げます。ファンの皆さまの期待に応えられるよう、トロ・ロッソと共にチーム一丸となって戦ってまいりますので、応援をよろしくお願いいたします」

フランツ・トスト (Scuderia Toro Rossoチーム代表)

「ホンダと共にレースができることを、チーム全員がとても楽しみにしています。ホンダの創業者、本田宗一郎さんが二輪車で初めてレースの世界に入って以来、レースは常に彼らの企業文化の中心です。そのホンダと我々が一丸となってチャレンジすれば、大きな成果につながるのは間違いありません。ホンダのF1活動には、初参戦した1964年から始まる長い歴史があり、エンジンサプライヤーとして5回のドライバーズタイトルと、6回のコンストラクターズタイトルを獲得しました。このホンダの伝統と実力をもってすれば、我々の未来は実りあるものになると確信しています」

関連:マクラーレンとホンダ、契約解消を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | トロロッソ