ホンダ F1 MGU-H
ホンダは、今週末のF1イギリスGPに信頼性のためのアップデートを施したMGU-Hを導入している。

今シーズン、ホンダは度重なるMGU-Hのトラブルに悩まされている。前戦F1オーストリアGPでは、その前のアゼルバイジャンGPで発生した問題に対して対策を施した改良のMGU-Hを投入したものの、その新型も故障。

今週、さくらの拠点でMGU-Hの調査が行われ、ホンダは問題を特定。ペナルティを科せられる必要のない修正を施した。

結果として、今週末のF1イギリスGPでは、フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンの両方が最新のMGU-Hを走らせている。

「ベアリングに機械的な故障がありました」とホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介はコメント。

「そのため、我々は新しいベアリングを導入しています。ベアリングが摩耗するのを防ぐための対策を施してあります」

フェルナンド・アロンソは、日曜日のレースにむけて、内燃エンジン、MGU-H、MGU-K、ターボチャージャー、エネルギー貯蔵システムを新品に交換し、30グリッド降格ペナルティを受ける。

長谷川祐介は、フェルナンド・アロンソのコンピーネントをそこまでたくさん交換したのは、今後のレースでフレッシュなパーツを得るためだと述べた。

次戦ハンガリーGPは、マクラーレンにとってポイントを獲得できる最大のチャンスのひとつであり、ホンダはそこでのペナルティを避けたいと考えている。

F1イギリスGPの予選では、ストフェル・バンドーンがトップから2.818秒遅れの9番手でフィニッシュ。バルテリ・ボッタスのグリッド降格により、8番グリッドから決勝をスタートする。

関連:マクラーレン・ホンダ:F1イギリスGP 予選レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | F1イギリスGP