ホンダ F1モナコGP 結果
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める新井康久が、新生マクラーレン・ホンダとして初ポイントを獲得したF1モナコGPの決勝レースを振り返った。

新井康久 (ホンダ)
「「このモナコに合わせたパワーユニットのドライバビリティの向上策と、ジェンソンのステディな走りによって、ようやくポイントをゲットでき、スタートラインに立てたという気がします」

「フェルナンドは、スタート前も「必ずポイントを取る」と言って気合十分でガレージを出て行き、序盤から良いペースでプッシュして、2台揃ってポイント獲得の可能性を感じていましたが、駆動系のフェイルによりレースが終わってしまい、とても残念に思っています」

「次のレースに向けて、より高いポジションでフィニッシュすることをチーム一丸となってがんばります」

関連:F1モナコGP 結果:優勝はニコ・ロズベルグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | マクラーレン | F1モナコGP