ロス・ブラウン
メルセデスのチーム代表ロス・ブラウンが、今シーズン限りでパディ・ロウにチーム代表の座を引き渡すだろうと Sport Bild が報じた。

同誌によると、ロス・ブラウンは、2015年にマクラーレンのエンジンサプライヤーとしてF1復帰するホンダに加入する可能性があるという。

ロス・ブラウンは、ブラックリーを拠点として参戦していたホンダが2008年末にF1から撤退するまでチーム代表を務めていた。

その後、マネジメント・バイアウトによってブラウンGPとなったチームは、ジェンソン・バトンとともに2009年にダブルタイトルを獲得。その後メルセデスに買収された。

同誌は、ロス・ブラウンが韓国でメルセデスの非常勤会長を務めるニキ・ラウダにチーム離脱の決断を伝えたと報道。マクラーレンからパディ・ロウが移籍してきたことがロス・ブラウンの決断の引き金になったとし、またロス・ブラウンは、ニキ・ラウダやトト・ヴォルフの加入を含むチーム体制の変化を全面的にサポートしていたわけではないとした。

ホンダは、欧州におけるF1の活動拠点を英国バッキンガム州ミルトンキーンズに構え、栃木で開発されたエンジンを含めたパワーユニットのリビルドやメンテナンス、サーキットサービスをミルトンキーンズで行っていくとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / メルセデス