ホンダF1の2021年12月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1代表 「ホンダF1とのパートナーシップは驚異的だった」

2021年12月31日
レッドブルF1代表 「ホンダF1とのパートナーシップは驚異的だった」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダF1と一緒に働き始めてからの関係は“驚異的”だったと振り返る。

ホンダは2015年にF1に復帰し、当時のパートナーであるマクラーレンにF1パワーユニットを供給したが、主に信頼性、そして、グリッド最後尾を争うパフォーマンス不足が原因でパートナーシップは決裂した。

【動画】 角田裕毅とピエール・ガスリーの最終2戦の舞台裏に密着

2021年12月31日
【動画】 角田裕毅とピエール・ガスリーの最終2戦の舞台裏に密着 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1は、角田裕毅とピエール・ガスリーの最終2戦の舞台裏に密着した動画を公開した。

動画は、第21戦 F1サウジアラビアGPの準備からスタート。アルファタウリのアパレルの紹介動画のメイキングや、グッズにサインをしながら角田裕毅とピエール・ガスリーが『子供は何人ほしい?』『どんな名前をつける?』といった二人の仲の良さを感じさせる会話も。

ホンダ、F1撤退後の未来へ新広告 『挑戦って、いいもんだ。』

2021年12月31日
ホンダ、F1撤退後の未来へ新広告 『挑戦って、いいもんだ。』
ホンダは、2021年の大晦日である本日、新たな広告を掲載。ホンダのモータースポーツ責任者を務める渡辺康治ブランド・コミュニケーション本部長が、メッセージに込めた想いや今回の挑戦の意義、そして未来へつなげていく想いを語った。

最終戦、最後の一周でチャンピオンを勝ち取るという劇的な展開で幕を閉じたF1への挑戦。7年間、あきらめずに戦ってきたからこそ、ここにたどり着くことができました。また、レース当日に掲載した広告には、ホンダ史上最大級の反響があった。

アラン・プロスト 「F1タイトルを獲得したフェルスタッペンは強くなる」

2021年12月31日
アラン・プロスト 「F1タイトルを獲得したフェルスタッペンは強くなる」
元F1ワールドチャンピオンのアラン・プロストは、初のF1ワールドチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペンは、これから良くなっていくだけだと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、2021年に初めてF1ワールドチャンピオンに挑戦できるマシンを手に入れたが、ルイス・ハミルトンとの戦いは最終戦までもつれ込み、文字通り最終ラップでは自身初のF1タイトルを獲得した。

デイモン・ヒル 「タイトル獲得でのF1撤退はホンダにとって最良の方法」

2021年12月31日
デイモン・ヒル 「タイトル獲得でのF1撤退はホンダにとって最良の方法」
元F1ワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルは、ドライバーズチャンピオンシップを獲得した年にホンダがF1から撤退するのは、スポーツを離れる最良の方法だと考えている。

ホンダは、2020年の終わりに、2021年シーズン限りでF1から撤退し、レッドブルとのパートナーシップに終止符を打つことを発表した。

アルファタウリF1代表 「角田裕毅の無線は彼自身とチームを傷つける」

2021年12月30日
アルファタウリF1代表 「角田裕毅の無線は彼自身とチームを傷つける」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅が無線で冷静さを失う傾向があることは、彼自身とチームの両方を傷つける可能性があることを認めている。

ルーキーの角田裕毅は、シーズン序盤にスランプとともに無線での暴言が悪い意味で話題になった。シーズン後半に成績が減ってくるととに、無線での下品な言葉遣いも幾分少なくなってきた。

「フェルスタッペンは2016年のレッドブルF1昇格を冗談だと思っていた」

2021年12月29日
「フェルスタッペンは2016年のレッドブルF1昇格を冗談だと思っていた」とヘルムート・マルコ
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンは2016年F1スペインGPでレッドブルF1に松鶴するという話を当初は“冗談”だと考えていたことを明らかにした。

2014年にレッドブルと育成ドライバー契約を結んだマックス・フェルスタッペンは、2015年のF1オーストリアGPでジュニチームのトロロッソからF1史上最年となる17歳165日でデビューを果たした。

ピエール・ガスリー 「トップチームに選ばれるF1ドライバーになってみせる」

2021年12月29日
ピエール・ガスリー 「トップチームに選ばれるF1ドライバーになってみせる」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年の印象的な成績はトップチームに空席ができた場合、自分を“明白な選択”として有益であることを示せたと考えている。

2019年にレッドブル・レーシングとのスティントに失敗した後、ピエール・ガスリーは、姉妹チームのアルファタウリ(当時トロロッソ)に降格。それ以来、ファエンツァチームのリードドライバーであり続けている。

【動画】 レッドブル・ホンダF1、大逆転の最終ラップのピットガレージ

2021年12月28日
【動画】 レッドブル・ホンダF1、大逆転の最終ラップのピットガレージ / 2021年 F1アブダビGP
レッドブル・ホンダF1は、大逆転勝利となった2021年F1最終戦アブダビGPのファイナルラップのピットガレージを撮影した動画を公開した。

レースは残り1周で再スタートを切り、チャンピオン獲得をかけたマックス・フェルスタッペンに残されたのはたった1周16コーナーだった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 19 | 20 | 21 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム