ピエール・ガスリー 「トップチームに選ばれるF1ドライバーになってみせる」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年の印象的な成績はトップチームに空席ができた場合、自分を“明白な選択”として有益であることを示せたと考えている。

2019年にレッドブル・レーシングとのスティントに失敗した後、ピエール・ガスリーは、姉妹チームのアルファタウリ(当時トロロッソ)に降格。それ以来、ファエンツァチームのリードドライバーであり続けている。

だが、そこでピエール・ガスリーはすぐにが自信を取り戻し、素晴らしい結果を生み出し始めた。昨年のF1イタリアGPでは見事なF1初勝利を挙げ、今季もF1アゼルバイジャンGPで表彰台に立った。

だが、ピエール・ガスリーが最も注目を集めたのは予選だった。シングルラップのペースで定期的にトップ6に入ったが、チームとしてのアルファタウリ・ホンダF1は日曜日のレースペースでそれを結果に変えることにしばしば苦労した。

それでも、ピエール・ガスリーは、コンストラクターズ選手権でアルファタウリ・ホンダよりも上位で終えたアルピーヌのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンを上回るドライバーズランキング9位でシーズンを終了。8位のダニエル・リカルド(マクラーレン)とはわずか5ポイント差だった。

ピエール・ガスリーは、トップチームが2023年シーズンにドライバー交代を検討する場合、2021年の結果を見てくれることを願っている。

現在はより成熟した熟練したドライバーとなっているピエール・ガスリーにとって、明らかな移籍先は、セルジオ・ペレスに代わって再びレッドブルに戻ることだが、他のオファーにもオープンだ。

「それは明らかに重要な動きになると思う」とピエール・ガスリーは次の方向性について語った。

「今後2年間でレッドブルの見方を確認する必要がある。彼らとは8年になるからね。長い時間だ」

「当然、現時点では彼らは非常に競争力のあるマシンを持っている。彼らがマックス(フェルスタッペン)と何をしているのか、彼らがどのように前進するのかを見極める必要がある。でも、もちろん、自分のキャリアについても考える必要がある」

「僕はまだ非常に若いし、25歳だけど、僕の目標は、それらの人たちが誰が交代できるかを考えたら、ファーストシートに着くことだ。現在、僕はドライバーズチャンピオンシップで9位だ」

「僕の前にいる8人全員は、コンストラクターズの上位チームで走っているドライバーだ。だからこそ、空席があれば自分が当然の選択であることを示すことが重要だ。それが私がやろうとしていることだ」

ピエール・ガスリーは、自分の将来の可能性について「まず第一に僕の優先順位はレッドブルだけど、現時点では彼らはセルジオを続けることを決定した」

「彼らが何を計画しているのかは分からない。彼らは2023年に選択肢があるかもしれないと言っている」

「僕はそのために自分自身をベストポジションに置くように努めていくけど、その議論が来年レッドブルと行われることは分かっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ