ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンが、シルバーストンで行われるF1イギリスGPへの意気込みを語った。

ルイス・ハミルトン (マクラーレン)
「サンタンデール・イギリスGPは、シーズンの中間地点だし、チーム全体が成功を本当に切望している。2009年はほぼ射程圏内にはなかったので、特に今週末は、みんなが地元の観客や友達、家族の前でやってやろうと本当に燃えているよ。ホームレースでまた素晴らしい結果を勝ちとることができたら素晴らしいだろうね」

「このシルバーストンの構成でレースをしたことはない。トラックの地図は見たし、いくつかオンボード映像も観たけど、見た感じでは好印象だね。新しいコーナーは中・低速だけど、それでも速くて、凄そうだし、それがここに望んでいることだ」

「チャンピオンシップをリードしてホームレースに向かうことは素晴らしい気分だ。ここの人々がパワーを与えてくれることはとても良くわかっている。ポールポジションを獲得した2007年のスローダウンラップでの走行は鮮明に覚えているし、エンジン音をかき消すほどの観客の叫び声が聞こえた。2008年は過酷なウェットコンディションだったけど、誰も熱意や信念を失ってはいなかったし、全てのラップで旗やバナーを振り続けてくれた」

「そのような献身を見れば、それに応えたいものだ。そういうわけで、僕は素晴らしい結果を得ることを固く決心してシルバーストンに向かう。僕たちのチームと国の10万人の誇りになれるようにね」

「サンタンデール・イギリスGPは今年最高のレースのひとつだ。素晴らしい週末になりだそうだね。受けて立つよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / マクラーレン / F1イギリスGP