F1:ルイス・ハミルトン、幼少期のいじめ体験を告白「バナナを投げつけられ…」
ルイス・ハミルトンは、幼少期に学校に通っていた頃に受けた人種的虐待の深刻さを打つ明け、「人生で最もトラウマになった」と述べた。

近年、ルイス・ハミルトンは、F1における自身のプラットフォームと発言力を利用して、黒人の権利を擁護している。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、Accelerate 25 プログラムを通じて、従業員の多様性を高め、応募者に平等な機会を提供するために、メルセデスF1チームを支援している。

また、イギリスのモータースポーツ界に黒人の代表を増やすことを目的としたハミルトン委員会を設立した。

Jay Shettyのポッドキャストに出演したハミルトンは、幼少期に仲間から受けた虐待の程度を明かした。

「学校はおそらく、僕の人生の中で最もトラウマになり、困難な部分だった」とルイス・ハミルトンは語る。

「6 歳のときに本当にいじめられていた。当時、僕はその特定の学校でおそらく 3 人の有色人種の子供のうちの 1 人だったと思う。大きくて強い、いじめっ子の子供たちがいつも僕を投げ飛ばしていた」

「サッカーのチーム分けで校庭に並ぶと、いつも最後に選ばれるか、他の子よりうまくても選ばれなかった」

「バナナのようなものを投げつけられたり、“Nワード”を平気で使うような人たちの絶え間ないジャブを受けていた。“ハーフカースト”と呼ばれ、自分がどこに属しているのかわからなかた。それが辛かった」

また、ルイス・ハミルトンは、学校での生活を困難にしたのはクラスメートだけではなかったと語る。

「歴史の授業で習うことはすべて、彼らが教えてくれた歴史の中に有色人種はいない」とルイス・ハミルトンは語った。

「だから、僕は『ああ、僕のように見える人々はどこにいるのだろう?』と考えていた。僕の学校では、1,200 人の子供のうち、黒人の子供は6~7人くらいしかいなかった」

「僕たち 3 人はいつも校長室の前に立たされていた。校長は僕たち、特に僕を目の敵にしていた」

「だから、僕は自分が感じていたさまざまな感情をすべてジャグリングしていた。さらに、僕は学校で苦労していた。16歳になるまで、自分が失読症であることを知らなかった」

「幸いなことに、僕は実際に思いやりのある先生に出会い、その道に歩んで、自分自身についてもう少し知り、教育を通じて自分自身をより良くする方法を発見するのを助けてくれた。でも、僕にとってはそれは大変なことだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス