ルイス・ハミルトン「ジェームス・ボウルズはウィリアムズF1に競争力をもたらす」
ルイス・ハミルトンは、ジェームス・ボウルズが新しいF1チーム代表としてウィリアムズF1チームを競争力のある状況に戻すと確信していると語った。

ジェームス・ボウルズは過去数年間、メルセデスF1でチームストラテジーの役割を担い、ターボハイブリッド時代を通じてチームの支配に貢献した人物だった。

メルセデスF1は、2014年から2021年までコンストラクターズチャンピオンシップを8回連続で獲得し、ドライバーズタイトルを7年連続で獲得した。

しかし、ウィリアムズF1チームはフィールドの後方に向かって衰退し、過去5シーズン中4シーズンでチャンピオンシップ最下位に終わっている。

ジェームス・ボウルズは、2022年シーズン後に辞任することを選択したヨースト・カピートの後任としてウィリアムズでF1チーム代表を務める。

ルイス・ハミルトンは、ソーシャルメディアでジョームス・ボウルズに感謝の意を表した。

「過去10年間ジェームズと仕事ができたことを誇りに思い、感謝している」とルイス・ハミルトンは投稿。

「僕たちは一緒に80以上のレース勝利と15のタイトルを獲得した。これはとても素晴らしい動きであり、彼のことを思うとこれ以上に幸せなことはない」

「僕たちが進歩するためには変化する必要だし、彼がウィリアムズをより競争力のあるチームに押し上げてくれると確信している。この役割にふさわしい人は他にいない。活躍を祈っている」

メルセデスのCEOであるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがジョームス・ボウルズの新しい役割について知らされたとき、ポジティブな反応を示したことを明らかにした。

「彼の最初の反応は、『それはジェームズにとって素晴らしいことだね』だった。これはおそらく重要なセンテンスだと思う」とトト・ヴォルフは語った。

ジェームス・ボウルズは「こんなことを言っても意味があるかはわからないが、私が彼に電話したとき、彼の口から出た最初の言葉は、私を侮辱したり失望させたりしたのではなく、まったく逆だった」と語った。

ジェームス・ボウルズは、F1が新たな技術レギュレーションの下で運営の2年目に入る2月20日に新しい役割を開始する。

ウィリアムズは2023年のカラーリングを2月6日に発表するが、実車をいつ展示するかについては詳細を明らかにしていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / ウィリアムズ / メルセデス