ルイス・ハミルトン 「メルセデスW13は二度と運転したくないF1マシン」
ルイス・ハミルトンは、F1アブダビテストが終われば、問題だかけだったメルセデスW13を二度と運転しなくてよくなることを楽しみにしていると語る。

ルイス・ハミルトンは、火曜日にヤス・マリーナ・サーキットで行われるポストシーズンテストでピレリの2023年タイヤをテストするために最後にメルセデスW13をドライブする。

革新的に見えた“ゼロポッド”を採用したメルセデスW13だが、実際には多くの問題を孕んでおり、プレシーズンテスト以降、チームはシーズンの大部分でポーパシングとライドの問題を抱えていた。

F1アブダビGPではジョージ・ラッセルが優勝、ルイス・ハミルトンも2位となり、1-2フィニッシュを達成したメルセデスF1だったが、最終戦アブダビGPでは再び問題が発生した。

「ある意味でオースティン(最終アップグレードを投入)の前のレースを思い出させる感じだったし、バウンシングが戻った。簡単ではなかった」

来年のマシンでチームは何に対処する必要があるかと質問されたルイス・ハミルトンは、W13には複数の弱点ばあったことを明らかにした。

「ブレーキ、バウンシングがたぶん1番で、ドラッグがたぶん2番目だ。もしくは同率で1位だ。他にもいっぱいある」とルイス・ハミルトンは語った。

「ダウンフォースは確かにあるけど、もっと効率的なマシンを作る必要がある。チームの全員が、何が問題なのか、どこに問題があるのか、どこが間違っているのかを正確に知っていると思う。彼らがそのような特性を備えた次の車を作ることはないと確信している」

「だから、このマシンを運転するのはこれが最後になる火曜日の終わりを楽しみにしている。そして、僕は二度とこれを運転するつもりはない。契約でリクエストする車の1台にはならないだろうね!」とルイス・ハミトンは将来プレゼントされる車から除外した。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、今年初めに、W13 はあまり記憶に残る車にはならないだろうと冗談交じりに語った。

「シュトゥットガルトのメルセデスベンツ博物館で最高の場所に置かれるとは思わない。もしかしたら、洞窟に少し入るかもしれないね」とトト・ヴォルグは語った。

「我々のクルマのDNAのスイートスポットとなる主にダウンフォースが高いメキシコとブラジルのトラックでは良いパフォーマンスを発揮することができた」とトト・ヴォルフは語った。

「高速で直線的な場合、我々はあまり競争力がない。少しドラッギーな車があり、それが我々に利益をもたらした」

「だから序列はまだ3番目だ。それは言えると思うが、我々は非常に接近していて、今日現在、正しいレーストラックでならば勝つことができる。それが最も重要だ」

そして、ルイス・ハミルトンは、2022年最終戦F1アブダビGPをリタイアで終えた。2022年のF1世界選手権はハミルトンの16年間のF1キャリアの初めてポールポジションと勝利のないシーズンとなり、最終戦は58周目のうち55周目に油圧系の問題が疑われてピットインした。

レースの結末は今シーズンを要約しているかと質問されたルイス・ハミルトンは「そうだね、それは本当にそう思う」と語った。

「最終的に、僕たちは望みいどおりではない車でスタートし、望みどおりではない車でフィニッシュしたと思う。でも、基本的には僕たちはその車にこだわった。僕たちは道を踏み荒らし続け、それを改善するために努力を続けてきたけど、今週末に見たように、ファンダメンタルな部分は最後まで残っていたと思う」

「今年はチームビルディングのエクセサイズだったし、みんなことを非常に誇りに思っている...世界選手権を祝うことはないけど、彼らのハードワークと努力を祝うつもりだ」

「今年の闘争が、今後さらに多くのチャンピオンシップのために戦うためのツールと力を本当に提供してくれることを願っている」

ルイス・ハミルトンは、ヤス・マリーナでのラップ1で、カルロス・サインツと戦っていたときに、ソーセージ縁石を乗り越えてハードランディングしたことでパフォーマンスが犠牲になったと説明。だが、第2スティントで挽回していた。1ストップのハミルトンは、リタイアする前に4位を走行していましたが、油圧の問題でスローダウンする前に2ストップのカルロス・サインツが背後まで迫っていた。

「シートの下、フロアのすぐ下にビブがあるけど、それは大きな打撃を受けた…そして、それが起こると、パフォーマンスが少し失われる。バランスが前方にシフトした。急にウイングに負荷がかかったような感じだ。かなりオーバーステアなクルマに苦しんでいた」とルイス・ハミルトンは語った。

「ピットストップを行った後、ウイングを大量に取り出し、なんとかバランスを取り直すことができた。何らかの損失はあったのは確かだけど…ペースは戻った」

ルイス・ハミルトンは、F1のことを頭に入れずに冬休みに入ると付け加えた。

「今はただ、次の年などを楽しみにしているわけではなく、家族にエネルギーを注ぐことを楽しみにしている。とにかく戻って家族に会うことを楽しみにしている。しばらく彼らと会っていなかった。ただリラックスして、健康で、ポジティブに過ごすよ...」とルイス・ハミルトンは語った。

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス