ルイス・ハミルトン 「予算上限を超過すれば2021年のF1王座は獲れた」
ルイス・ハミルトンは、2021年にメルセデスF1チームが予算上限を超過して開発レートでレッドブル・レーシングに匹敵していれば、2021年のF1ワールドチャンピオンの結果は違ったものになっていただろうと語る。

ルイス・ハミルトンは、2021年の最終戦F1アブダビGPで物議を醸してセーフティカー機会の処理の後、ファイナルラップでマックス・フェルスタッペンに惜しくもF1タイトルを奪われた。

2021年にF1には新たに1億4500万ドルの予算上限が導入された中、メルセデスとレッドブルとの間でコース上での激戦の後で、激しい開発戦争も行われていた。

メルセデスの最後のメジャーアップデートは、7月のF1イギリスGPで行われた。対照的にレッドブルはシーズンの残りの期間も新しい車をマシンに投入し続けた。

レッドブルの支出は、昨年からライバルに疑惑の目を向けられており、2021年の予算上限を超過した可能性があるとの噂がパドックに広がり、さらに精査されるようになった。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1チームが追加のアップデートのためにさらに「30万ドル」を費やしていたら、昨シーズンの結果は変わっていただろうと語る。

「去年のシルバーストンで最後のアップデートを投入したのを覚えている。幸いなことにそれは素らしいものだったし、それで戦うことができた」とルイス・ハミルトンはF1日本GP前に鈴鹿で語った。

「でも、その後、レッドブルが毎週末または隔州でアップデートを投入したのを目にしたと思う。彼らはその時点から少なくとも4回はアップグレードを入れていたと思う」

「もし、僕たちが30マンドルをフロアや改良されたウイングに費やしていたら、チャンピオンシップの結果は当然変わっていただろう。なぜなら、次のレースでより良い競争ができたからだ」

噂では、レッドブル・レーシングは2021年に予算上限から100万ドルを超過しているとされており、それは軽微な違反に分類され、罰金で済む可能性があるとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1日本GP