ルイス・ハミルトン 予選3番手は今季ベスト 「やりがいを感じている」 / メルセデス F1シンガポールGP
ルイス・ハミルトンは、2018年のようなラップでポールポジションを獲得することを望んでいたが、2022年のF1シンガポールGPの3番グリッドを獲得できたことに安堵していると認める。

ルイス・ハミルトンは、フェラーリのシャルル・ルクレールからわずか0.054秒差でポールポジションを逃した。だが、メルセデスF1チームのシーズン序盤の苦戦を考えると、土曜日の結果に満足できるものだった。

「信じられないほど接戦で、全体的に本当にエキサイティングなセッションだった」とルイス・ハミルトンは勝った。

「今日はマシンのフィーリングがずっと良くなったし、ファクトリーでも現場でも一晩で多くの素晴らしい仕事がなされた」

「最終的にあのラップを完璧にまとめるはとても難しかったと思うし、2018年のようなラップを望んでいたけど、マシンは間違いなくそのような走りを望んでいない。全力を尽くしたし、トップ3の間にこれほど接近できたことは素晴らしいことだと思う」

「信じられないほどやりがいを感じている僕たちは、自分たちのために作成したほんの一握りの難しいカードデッキから始めた。リシャッフル、そしてたくさんの作業を行った。誰もが本当にポジティブだ。可能な限りポジティブだ。誰もが本当に勤勉であり、決してあきらめない」

「今年は僕にとって刺激的な年だ。僕のチームが何をしているかを目の当たりにしてきたし、僕もその一部だった。彼らのために良い結果を得たいという意志と欲求、彼らの偉大な仕事のすべてに対して彼らに恩返しをしたいという意志と欲求が自然と強く湧いてきている」

「明日のレースで何かできることを願おう。ここでオーバーテイクするのは非常に難しいけど、彼らよりも良い戦略を立てることができるかもしれない」

また、メルセデスF1の予選後のプレスリリースには次のように語った。

「とても強くプッシュしていたし、信じられないほど接近していた。首位争いができるポジションにたどり着くのは本当に難しかったし、最終ラップで十分なグリップが得られなかった」とルイス・ハミルトンは語った。

「ここに来て、今週末どれだけ接近できるか分からなかった。モンツァよりも強いことはわかっていたけど、正確にどの程度かは分からなかった」

「とはいえ、明日は2列目に並べることに感謝している。そして、プッシュし続けてくれたチームに感謝している。僕たちはただ頭を下げて、明日がポジティブな日になることを願っている」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1シンガポールGP