ルイス・ハミルトンにとって2022年F1シーズンは“人格テスト”
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2022年シーズンはルイス・ハミルトンにとって“人格テスト”だと語る。

ルイス ハミルトンは、2021年の最終戦のファイナルラップで8回目のF1ワールドチャンピオンを逃した。そして、2022年の8回目のタイトル獲得のためのリベンジは、問題含みのメルセデスのF1マシンによってすぐに困難なことが明らかになった。

現在、ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハとともにほとんどの F1タイトルの記録を保持している。アブダビでの2021年シーズンの最終戦で、ルイス・ハミルットンは事実上8回目のチャンピオンを手にしていたが、残り5周で運命が変わり、マックス・フェルスタッペンが最初のタイトルを手にした。

今年、マックス・フェルスタッペンは再びタイトルを獲得する準備ができているように見えるが、ルイス・ハミルトンには2022年シーズンに勝利を挙げるチャンスすら危うい。

F1のマネージングディレクターでかつてメルセデスF1でボスだったロス・ブラウンは、今年はルイス・ハミルトンにとって挑戦と見なしているが、彼の回復力に確信を持っている。

F1-insider.com のインタビューでロス・ブラウンは「ルイスは彼のキャリアの黄昏にある」とコメント。

「しかし、それはまだ終わったという意味ではない。彼は再び勝てる車を手に入れるために多大な努力を払っている。今年は彼にとってある意味で人格テストだ」

「その結果、チームメイトのジョージ・ラッセルがレースでよりハングリーになったのかもしれない」と語った。

ロス・ブラウンは、今でもマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの2人をかつてフェラーリで黄金時代を築いたミハエル・シューマッハと比較ている。

ロス・ブラウンによれば、かつてミハエル・シューマッハがそうであったように、ルイス・ハミルトンはチーム内でリーダーシップの役割を果たし、再建することができると考えている。

「ルイスは戻ってくるだろう。私はそう確信している」とロス・ブラウンはコメント。

「メルセデスも同じだ。克服しなければならないこれらの弱さの時期が、さらに強くすると信じている。私自身の経験からそれを知っている」

ルイス・ハミルトンは、2021年の敗北の状況により、最初はF1に幻滅していたが、それでも8回目のタイトルを目指していることを確認した。

「マックスと僕の間には何も残っていない」とルイス・ハミルトンは主張する。

「マックスは昨年彼の義務を果たしたし、僕は彼に何の問題も感じていない」

「僕たちの間にはかなりの年月があるし、おそらく車の外ではお互いに敬意を払っていなかっただろう。でも、難しい感情はない」

記録的な8回目のF1タイトルについて、ルイス・ハミルトンは「強迫観念ではないけど、確かに僕の考えの中心にある」と語った.

「それはピラミッドの頂点にあり、今年ベースで行われた作業は、再び頂点に立つことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス