ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、金曜日の夜にメルボルンの公道でタイヤをバーンアウトさせ、オーストラリアの警察に捕まった。

ハミルトンが乗っていたメルセデス・ベンツ AMG C63は押収されており、車両の不適切な使用により罰金を科せられ、召喚される予定だという。

警官のスコット・ウッドフォードによるとハミルトンは“非常に協力的”であり、今回の件に“ひどく落胆”していたとのこと。

また、ハミルトンは“明らかに動揺”しており、“評判が傷つくことを心配”していたという。

皮肉なことに、FIAが世界規模で展開する交通安全キャンペーンに、全F1チームが協力することが発表されたばかりであった。

マクラーレンは26日夜に声明を発表。ハミルトンは“愚かな”過ちを申し訳なく思っていると述べた。

「今日の夕方、僕は過熱した運転をしてしまい、その結果警察に止められた」

「愚かなことをしてしまったと思っており、謝罪したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | マクラーレン