メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「ラッセルとは異なる実験的なパーツのテストを担当」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャングランプリでチームメイトのジョージ・ラッセルよりも激しくバウンシングしていたのは、W13で実験的なパーツを走らせていたためだと説明した。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、アゼルバイジャングランプリで酷い背中の痛みを訴えたレースで、ジョージ・ラッセルのすぐ後ろの4位でレースを終えた。

その痛みは、実験的なパーツが結果を出すことができなかったことで、彼の車が激しいバウンシングによって引き起こされた。

「僕が経験した中で最も辛いレースであり、最も過酷なレースだった」とルイス・ハミルトンはRacingNews365.comに語った。

「ジョージは僕ほどのバウンシングを発生していなかったに、彼の方がバウンシングははるかに少なかった。僕はにの実験的な部分と異なるリアサスペンションを搭載していた」

「結局、それは間違ったものだった」

ルイス・ハミルトンは、激しいバウンシングは安全上の懸念であると考えており、バクーのロングストレートで自分の車のコントロールを失うことに何度も近づいたことを示唆した。

「(最後まで走り切れるかわからない瞬間がたくさんあった」とルイス・ハミルトンは続けた。

「車との戦いは激しかった。バウンシングが多すぎて何度も壁にぶつかりそうだったし、安全面での懸念だった」

「これまでレーシングドライバーとして時速180マイルで壁にぶつかることをそこまで考えたことはなかった」

ルイス・ハミルトンは、バウンシングの問題の解決策が見つからない場合、W13のポテンシャルを解き放つことは難しいと考えています。

「この車には非常に多くのポテンシャルがあるけど、このバウンシングを止めるまで、ロックを解除することはできない」とルイス・アミルトンは認めた。

「バウンシングを避けられるなら何だってするよ」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス