ルイス・ハミルトン 「レッドブルよりメルセデスが良い仕事をした結果」 / F1バーレーンGP決勝
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1がバーレーングランプリで表彰台を獲得できたことは“幸運”だったことを認めるが、最終的にはレッドブル・レーシングよりも信頼性に関して“良い仕事”をしたということだと語る。

ルイス・ハミルトンとメルセデスF1のチームメイトであるジョージ・ラッセルは、バーレーングランプリの週末のほとんどをスクーデリア・フェラーリとレッドブル・レーシングの後ろで過ごした。

レース終盤のセーフティカーが集団の上位勢とのギャップをチャラにしたが、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの2台がリタイアしたことでルイス・ハミルトンは予想外の表彰台を獲得した。

マックス・フェルスタッペンは、開幕戦でのリタイアが2022年のワールドチャンピオン争いに影響を与える可能性があるという事実を嘆き悲しんでおり、ルイス・ハミルトンもどんなアドバンテージも重要にある可能性があることををよく知っている。

「すべてのポイントが違いを生む可能性がある」とルイス・ハミルトンはレース後の記者会見で語った。

「僕はたった1ポイントでワールドタイトルを失ったことがある」

「現在、僕たちは必ずしもこれらの人とパフォーマンス面で戦っているわけではないけど、これはダメージリミテーションではなく、本当に素晴らしい結果だ」

「もちろん、幸運だった。でも、最終的に僕たちの方が良い仕事をした。信頼性も向上した。だから、必ずしもすべて無視することはできない…それが幸運だとは言えない。みんなのハードワークがもたらしたものだと思っている」

「でも、とても長いシーズンだ。本当にハードな戦いになるだろうけど、僕たちは挑戦するのが大好きだ。僕は本当に挑戦を楽しんでいる。そして、全員が共通の目標に焦点を合わせているハングリーな人々の大規模なチームと仕事をするのは特権だ」

「みんなが団結して、このような結果が得られたとき、これ以上の気持ちはない」

ルイス・ハミルトンとメルセデスF1は週末を通して、レッドブル・レーシングやスクーデリア・フェラーリと比較して大幅なペースの不足について率直に話し、ハミルトンは車の最高速度を上げる必要性について言及している。

メルセデスF1のチームプリンシパルのトト・ヴォルフは、バーレーンで「オーバーウィング」されて車のドラッグが増加したことが不利な点の一部を負っていたと説明し、チームはトップに追いつくために作業を行っていくと主張している。

ただし、ルイス・ハミルトンは迅速な修正は期待していない。

サウジアラビアでより競争力があることを期待しているかと質問されたルイス・ハミルトンは「いいや、そうは思わない」と答えた。

「でも、もちろん、今週から多くのことを学んだ。彼ら(フェラーリ)の直線速度、レッドブル勢もそうだけど、非常に速いし、コーナーでのパフォーマンスは僕たちとはかなり異なっている」

「そのため、車のドライビングは非常に困難だったけど、常に悪化する可能性があった。だから、次のレースでいくつかの改善を見つけることができることを望んでいる。でも、これは根本的な問題であり、修正にはもう少し時間がかかると思っている」

ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ) 2022年バーレーングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1バーレーンGP