ルイス・ハミルトン 「現時点では僕たちが勝利を争うことはできない」 / メルセデスF1 F1バーレーンテスト 3日目
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年のF1プレシーズンテストを終えて、新車W13が今年の序盤に勝利を収められないかもしれないと本気で心配しているようだ。

メルセデスF1は、バーレーンでのF1プレシーズンテストの初日の朝に根本的にアップデートされたW13を登場させた。大幅にスリム化されたサイドポッドと形状が変更されたフロアは大きな話題を呼んだ。

しかし、メルセデス W13は、ポーポイズ現象(ダウンフォースの喪失と回復を繰り返すことで車がバウンドする)とアンダーステアに苦しんでいた。過去にメルセデスF1は、プレシーズンテストで手の内を隠し、開幕戦になると最速のマシンとしてライバルを同様させてきたが、今回はそのケースではないようだ。

ルイス・ハミルトンは、開幕戦F1バーレーンGPに先んじてW13の全体的なバランスに関して心配していると語る。

「現時点では、勝利を争うことはないと思う」とルイス・ハミルトンは土曜日の午後に語った。

「明らかに来週は僕たちのペースをはるかに良く示すことができるだろうけど、他の人々はおそらく驚くと思う。人々は僕たちが自分自身に手の内を隠していると話し続けているけど、今年は少し異なる」

「現時点では僕たちは最速ではない。フェラーリが最速だと思う。おそらくレッドブルが続いて、そ僕たちかマクラーレンが続くと思う。分からないけどね。でも、現在、僕たちはトップではない」

外部から見ると、バーレーンでフロア面積の縮小に苦労しているように見えた昨年のW12の状況に似ているように見える。同じ会場での開幕戦でルイス・ハミルトンはマックス・フェルスタッペンを倒して優勝している。

しかし、ルイス・ハミルトンは、今年はシナリオが異なっていると述べた。だが、不安を露呈しながらも、まだメルセデス W13にはポテンシャルがあると信じていると語る。

「2021年までとはかなり違った感じがする」とルイス・ハミルトンは語った。

「困難なセッションを過ごしたけど、レースでは切り替わった昨年ほど良くはなさそうだ。今回ははるかに大きな課題があり、好転させるにはもっと時間がかかると思う。僕が聞いた限りでは、僕たちには見つけなければならないペースがたくさんある」

「でも、僕たちの車には、僕たちをそこに到達させらえるポテンシャルがある。僕たちはそれを引き出して、いくつかの問題を修正するために学ぶ必要がある。それが私たちが取り組んでいることだ。ファクトリーの誰もが本当に素晴らしい仕事をしているし、できる限り一生懸命働いている。でも、克服すべきいくつかのハードルがある」

その一方で、メルセデスF1は少なくともバーレーンの公式プレシーズンテストを通して確実に走り、3日間でトップの385周を記録している。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス