ルイス・ハミルトン、新型コロナ対策を怠らず「F1タイトル争いに関わる」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、一部のアスリートが新型コロナウイルス感染を考慮しなくなっていることを“奇妙”だと語る。

新型コロナウイルスのパンデミックが発生して20カ月が経過し、今や世界中で集団予防接種が行われており、F1では新型コロナウイルスによる制限がようやく緩和され始めている。

しかし、昨年の新型コロナウイルスに感染してF1サヒールGPの欠場を余儀なくされたルイス・ハミルトンは、ウイルスを「絶えず恐れている」なかで、2021年のF1タイトルを争っていると語る。

「まだ家に一人でいるけど、前年の経験のおかげで、今ではもう少しうまく管理できるようになっている」とルイス・ハミルトンはAuto Motor und Sportに語った。

「でも、絶え間ない恐怖の中で生きている」

すでに新型コロナウイルスから完全に回復しているルイス・ハミルトンだが、今シーズン前半は「今まで経験した中で最も過酷なものの1つ」になったと語る。

そして、ルイス・ハミルトンは、新型コロナウイルスに感染してチャンピオンシップ争いが終わることに恐怖を感じていると語る。

「周りの人は一日の仕事を逃しても問題はないのかもしれない。でも、それは僕たちドライバーにとって決定的なものになる可能性がある」とルイス・ハミルトンは語る。

「他のアスリートたちは、感染についてとてもリラックスしていて、気にしていないように思える。僕にはそれが奇妙に感じる」

ルイス・ハミルトンは、「人との付き合いにおける孤立と不安が大きな違いを生む」と考える一方で、新型コロナウイルス自体について引き続き心配していることを認める。

「昨年はシーズンが短かくなり、わずか6か月だったけど、今はほぼ1年全体になっている」とルイス・ハミルトンは語った。

「一部の地域ではルールが多少緩和されており、不注意やトラブルに巻き込まれやすくなっている。そのため、常に心の奥底で意識している必要がある」

「僕の社会的接触への対処方法は、以前とは大きく異なっている。今はすべての人から距離を置き、人々が周りにいるときは常に息を止めている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス