メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「タイトル争いのプレッシャーは感じていない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1トルコGPでマックス・フェルスタッペンにドライバーズ選手権の首位の座を奪われたが、プレッシャーは感じていないと語る。

F1トルコGPでは、マックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得。PU交換による10グリッド降格ペナルティが適用されて11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは5位までしか挽回できず、フェルスタッペンが6ポイント差をつけてランキングトップに返り咲いた。

ルイス・ハミルトンは、タイトル争いの重要なポイントを逃したことに失望していはいるが、マックス・フェルスタッペンの14秒差でフィニッシュしたバルテリ・ボッタスのパフォーマンスに勇気づけられていると語る。

「プレッシャーは感じていない。とてもリラックスしている」とルイス・ハミルトンは語った。

「ポイントを失うのは好ましいことではないけど、仕方ないことだ。今週末、僕はできる限りのことをした」

「僕たちはマシンに何もしていない。だから・・・なぜそうなのかはよく分からない。2つのトラックは僕たちに少し適していたとと思うけど、クルマのフィーリングは良かったし、今週末はとても感触が良かった」

「前進できることを願っているし、バルテリは今日素晴らしい仕事をした。次のレースでそのようなパフォーマンスを続けることができれば、チームにとっては良いことだ。そして、今週末のようにクルマがパフォーマンスを続ければ、それは僕たちにとって良いことだ」

メルセデスのF1エンジンには信頼性問題が潜んでいるとの噂があるが、ルイス・ハミルトンはシーズン後半にまた新たなグリッドペナルティを受ける必要はないと考えている。

「僕はそれにエネルギーを費やしてはいない。そのことを心配するのは僕の仕事ではない」とルイス・ハミルトンは付け加えました。

「それについてはスタッフに集中していもらっている。僕のエンジンは良い状態だ、最初のエンジンは6レースを走ったと思う、僕たちにはまだ2基目があるし、3基目もまだそこにあると思う」

「僕が知っている限り、そうする必要はないことを願っているけど、何が先にあるのかを予測することはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス