F1王者ルイス・ハミルトン 「ファッションはストレス発散に役立っている」
ルイス・ハミルトンは、ファッションや音楽など、F1の外にエネルギーを向けることができることが、マックス・フェルスタッペンとの激しいタイトル争いの“ストレスを発散”ことに役立っていると語る。

F1トルコGPに向けてチャンピオンシップをリードするルイス・ハミルトンは、ライバルのマックス・フェルスタッペンに2ポイント差と激しい戦いを繰り広げている。

最近メットガラに出席し、パリでのファッションウィークにも登場したルイス・ハミルトンは、ファッションへの愛情が激しいチャンピオンシップバトルからのはけ口としてどのように機能しているかを説明した。

「スポーツから離れることができるのは大好き。このシーズン全体の激しさはトラックにいる誰にとっても難しいことだ」とルイス・ハミルトンは語った。

「だから、他に集中する何か、別のはけ口を持てることは、それらから肩の荷を下ろすのに役立つ」

「グランプリに戻ってきたとき、僕はいつもフレッシュに感じている。毎日考えているわけではないからね」

ルイス・ハミルトンは、ファッションや音楽などの興味を通して「ストレスを発散する」ことができることで、最高のパフォーマンスをするためにより良い状態でレーストラックに戻ることができていると語る。

「このような別のはけ口があることで、僕は全般的に比較的気楽にやれていると思うし、多くの異なる方法でストレスを発散することができている」とルイス・ハミルトンは説明する。

「最も重要なことは、常にフレッシュで、回復し、ポジティブな気持ちでレース環境に戻れることだ。だから、僕は到着して仕事をするのが大好きなんだと思う」

「僕は、1レースずつ、常に上昇を試み、チームとどのように前進し、改善できるかについて話すことに多くの時間を費やしてきた」

「僕はこれを長い間行ってきたし、個人的に方法を見つけた。僕にとってうまくいくことが、すべての人にとってうまくいくわけではないけど、何が自分を動かしているのか、何が正しい道に進めるのか、何が僕を脇道に逸らすのかは分かっている」

最近、ルイス・ハミルトンは、チームウェアではなく、ユニークな服でパドックに現れて注目を集めている。

「当然、F1とは大きく異なる世界だ」とルイス・ハミルトンは付け加えた。

「F1は明らかにそこには焦点を合わせていないし、非常に企業的だ。実際、F1にはファッション性はない」

「僕はいつも自分らしくいるのが簡単ではない場所だと感じていた。そして、ファッションショーに行ったとき、たとえばファッションウィークにいると、さまざまな人生を歩んできて、さまざまな方法で自分自身を表現している人々に囲まれる」

「僕は自分を表現できる環境が大好きだ。今、僕はそれをレーストラックでやっている。そして、僕はそれができることで自由を感じている」

ルイス・ハミルトンは木曜日のメディアデーのために、印象的な青と黒のキルトとズボンにバーバリーのジャケットをあわせてイスタンブールのパドックに到着した。

そして、ルイス・ハミルトンは、自分の“大胆”な衣装が人々の心を開いて、人々がどのように服を着て自分を表現するかをより受け入れるのに役立つことを望んでいると考えている。

「かなり大胆だ」とルイス・ハミルトンは語る。

「僕はバーバリーがやっていることが本当に好きだし、とにかく服が大好きだ」

「僕はさまざまな画像をオンラインで調べて、好きなものを見つける。数年前にキルトを使ってGQで撮影をしたけど、それは僕たちがトミーヒルフィガーで特別に作ったものだった」

「誰でも好きなものを身に着ることができる。それを理解できない人もいるだろうけど、問題はない。彼らは最終的に彼らの心の段階を開き、人々を彼らがなりたい人にすることを願っている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1トルコGP