F1王者ルイス・ハミルトン 「挑戦を受けるのはフェルスタッペンが初めてではない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、タイトル争いでマックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダF1の戦略に不意打ちを食らったことはないと主張する。

今年、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンとのホイール・トゥ・ホイールのバトルのなかでポジションを譲ることを断固として拒否している。それは両者がモンツァのグラベルでリタイアすることで最高潮に達した。

残り7戦でルイス・ハミルトンはマックス・フェルスタッペンに対してわずか2ポイントのリードしかない。これは2016年にニコ・ロズベルグとのタイトル争いに敗れて以降、覇権を築いてきたハミルトンが経験していなかたことだ。

だが、ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンの勢力を感じることは新しい経験ではないとし、F1キャリアを通して以前にも起こっていたと主張する。

「マックスは最初の人ではない」とルイス・ハミルトンは ESPN に語った

「僕はいつも自分が背中がターゲットになっていた。若い頃からずっと最前線に立ってきた。F1に到達する前から、僕は何年もの間、自分のマシンにNo.1をつけていた」

「(フェルナンド)アロンソが相手でさえ、決してあきらめなかった。僕はそういった多くのドライバーと競争してきた」

「他よりも賢い人もいる。ラップの後半に別のコーナーがあることは分かっているし、スプリントではなく、マラソンだ。一部のドライバーは、それを制御することができるが、そうではないドライバーもいる」

「最も重要なことは、僕たちが安全を確保することだと思う。なぜなら、最終的にこの興奮とチャンピオンシップのすべてに関して、僕たちが年末に見たいのは、人々が家族の元に帰って、良い冬を過ごすことだからね」

ルイス・ハミルトンは、最も賢明とは言えないかもしれない単一の機会にすべてを賭けるのではなく、レースに忍耐強いアプローチを取っていると強調した。

「マックスとの特定のシナリオで僕は退かなければならなかった。そうしないとクラッシュしてしまっただろう。『別の方法で彼を倒そう』と言う感じだった」とルイス・ハミルトンは語った。

「僕は『このコーナーを生き残ることができれば、彼に別の方法で挑戦して戦い、近くに留まり、戦略などのさまざまなことを利用できる』と思って戦っている」。

「でも、それは経験を伴うことであり、シーズン終了時にその配当が支払われることを本当に望んでいる。でも、もちろん、適切なバランスを見つける必要がある。それが僕がやろうとしていることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / マックス・フェルスタッペン