ルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンのペナルティを利用しなければならない」 F1ロシアGP 金曜フリー走行
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、チームはライバルのマックス・フェルスタッペンが最後尾からスタートする今週末のF1ロシアGPを“利用しなければならない”と語る。

タイトル争いにおいて、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンに対して5ポイントのアドバンテージを持っている。

しかし、レッドブル・ホンダは、FP2に先立ってフェルスタッペンに新しいホンダF1エンジンを装着したことで、パワーユニットコンポーネントの年間使用基数を超過したことでグリッド降格ペナルティがトリガーされ、日曜日のレースを最後尾からスタートする。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンの最後尾スタートは、2014年にソチがカレンダーに追加されて以来、メルセデスが全勝している会場で勝利の扉が開いたことを分かっている。

「僕たちにとって実際には何も変わらない」とルイス・ハミルトンは語る。

「僕たちは自分たちのことをして、前進することに集中する必要がある」

「全員にとって信頼性に関して厳しい年だし、もちろん、彼のことを気の毒に思う。でも、僕たちはそれを当然ながら利用いて、最大限の結果を出す必要がある」

「1-2が達成できれば、チームとして僕たちにとって素晴らしい結果だ」

ルイス・ハミルトンは、金曜日のプラクティスセッションの両方でチームメイトのバルテリ・ボッタスに上回られたが、FP2ではその差を0.044秒まで縮めた。

それでも、ルイス・ハミルトンは、オープニングセッションでもマシンを快適に感じていたと語る。

「最初のセッションでの最初の走行がベストだった。それ以来、移行と調整を行ってきた。どんどんプッシュし始めるほど、それは良くなくは感じられなかった」とルイス・ハミルトンは語る。

「でも、全体的にペー面では良いセッションだった。おそらくロングランにはやるべきことがいくつかあるし、明日は多くの雨が降ると聞いている」

「明日は大雨の一日になるだろう。日曜日がドライになる可能性があることを知っているので、そのためのセットアップに関して僕たちが何をしているのかを見るのは興味深いだろう」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスが金曜日を通して2台で異なるセットアップを走らせることによって実験していたことを明らかにした。

「僕とバルテリはセットアップはまったく異なり、意図的に異なる方法で何がベストかを試した」とルイス・ハミルtンは説明しました。

「だから、今夜、僕たちはそれらを理解し、研究し、正しい道に戻る方法を理解するつもりだ」

「僕にとって問題ないトラック。最高でもなく、最悪でもない。でも、データから特定できることは間違いなくある」

「主にセットアップでより多くあるし、ドライビングではより少ないかもしれない。だから、今夜はそれに取り組んでいく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1ロシアGP