ルイス・ハミルトン 「決勝はフェルスタッペンの楽勝になるだろう」 / F1イタリアGP スプリント予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPでのマックス・フェルスタッペンの“楽勝”を予測しており、自分自身はダメージリミテーションのレースになるだろうと語った。

ルイス・ハミルトンのモンツァでの勝利の希望は、F1スプリント予選でのスタート失敗で打ち砕かれつつある。ハミルトンは、マクラーレンの2台の後ろの4番グリッドからレースをスタートする。

スプリント予選を2位で終えたライバルのマックス・フェルスタッペンは、1位のバルテリ・ボッタスがパワーユニット交換によるペナルティで降格することから、日曜日のレースをポールポジションからスタートする。

メルセデスがスプリント予選で望んでいたシナリオは、ルイス・ハミルトンがバルテリ・ボッタスの前で1位でラインを横切ることだった。それはスプリント予選のスタートポジション逆の位置であり、メルセデスはチームオーダー発令の可能性さえ示唆していた。

しかし、オープニングラップで5番手まで順位を下げたルイス・ハミルトンは、ソフトタイヤを選んだマクラーレンを追い抜くことさえできなかった。ダニエル・リカルドはフロントロー2番グリッドからスタートし、ランド・ノリスは3番グリッドに昇格する。グリッド的には奇数グリッドが発進に有利であることがスプリント予選で証明されている。

また、マックス・フェルスタッペンが2位で2ポイントを獲得したことで、ルイス・ハミルトンとのポイント差を5ポイントまで拡大している。

スプリント予選のスタートについてルイス・ハミルトンは「素晴らしいものではなかった。でも、仕方ないことだ。スタートだすべての場所だったし、僕たちは多くのポイントを失った」とコメント。

「僕たちはソフトタイヤがどのように振る舞うかを過小評価していたと思う。明日マクラーレンを追い抜く方法とダメージを制限する方法を理解する必要がある」

「レッドブルのペースを目にしたと思う。フェルスタッペンがバルテリよりも速かったかどうかは分からないけど、彼らはとても速く、今はポールに立っているので、彼にとっては楽勝になるはずだ。僕は前の2人の男を追い抜かなければならない」

2013年に終わった黄金時代以来、レッドブル・レーシングがメルセデスに対して絶えずスピード不足を抱えていたモンツァで速さを見せたことは多くの専門家は驚かせたが、ルイス・ハミルトンはそうではない。

「彼らは一年中皆さんが思っているよりもペースがは速いと思う」とルイス・ハミルトンは付け加えま。

「彼らは毎週アップグレードをもたらしている。僕が聞いたところによると、彼らはアップグレードをもたらしていないレースは1つだけだと思う。彼らは絶えずマシンにパフォーマンスを加えているし、素晴らしい仕事をきた。でも、今日はバルテリがよくやった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イタリアGP