ルイス・ハミルトン、故意のスローアウトラップを否定「何も分かっていない」 / メルセデス F1ハンガリーGP 予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2021年F1ハンガリーGPの予選でハンガロリンクで記録的な8回目のポールポジションを獲得。Q3の最後のアタックに先立って故意にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を抑えたとの見方を否定した。

ルイス・ハミルトンは、予選Q3の最初のアタックで圧巻の走りで1分15秒419をマーク。チームメイトのバルテリ・ボッタスよりも0.315秒、マックス・フェルスタッペンよりも0.421秒速いタイムで暫定ポールポジションに立った。

そして、ルイス・ハミルトンはハンガロリンクで8回目のポールポジションを記録。これはメルボルンと鈴鹿でのミハエル・シューマッハ、イモラでのアイルトン・セナの1つの会場での最多ポールポジションに並んだ。

「Q3での1回目のランは本当に美しいラップだと感じた。リアルビルドアップだった」とルイス・ハミルトンは語った。

「予選セッションの多くは、Q1やQ2などではベストラップを出すことがあるけど、常に計画通りに進むことはない。でも、今日はQ3でベストラップを出すことができた。とても満足している」

ルイス・ハミルトンは、2回目のアタックでタイムを改善することができなかった。ライバルのマックス・フェルスタッペンに先んじてコースインしたハミルトンは、故意にスローラップをしてウオームアップを妨害しようとしたと非難された。さらに後ろのセルジオ・ペレスはアタックをすることができなかった。

元ハースのF1ドライバーであるロマン・グロージャンは「あれが意図的だったならばよろしくないね」とツイートしている。

したがって、ルイス・ハミルトンには故意のスローアウトラップについての質問がなされた。

「かなり馬鹿げている。誰もが遅く走ったいた。他の人を見てないの? 意味が分からない。もっと速く走って、バルテリに近づけとでも?」とルイス・ハミルトンは反論する。

「誰もがスローアウトラップをしていた。他のラップと何ら変わりはなかった。もちろん、タイヤはラップ全体でかなり温度が上がるので、出ていくたびにタイヤを準備して温度が上がるのを抑えようとはしているけどね」

「だから、戦術をプレイしたわけではない。僕には戦術をプレイする必要はなかったしね。クルマの中で自分が何をしているのかは分かっているし、僕は十分に速かったので戦術を追加する必要などなかった。コメントをしている人たちは、はっきり言って、僕たちがここで行っている仕事について何も分かっていない。たぶん、それが彼らが運転していない理由だろうね」

101回目のポールポジションに続いて、ルイス・ハミルトンは日曜日に通算100勝目、そして、1つの会場で史上最多となる9勝目を挙げるチャンスがある。メルセデスの2台はミディアムタイヤでフロントローをロックアウトし、2列目のレッドブル勢はソフトスタートと優勢だ。だが、ハミルトンはあまり先のことは関あげていないと語る。

「仕事の半分も終わっていない。明日は長いレースだ。天気がどうなるかも分からない」とルイス・ハミルトンはコメント。

「とてもチャレンジングなサーキットであり、トップ4全体を打ち負かすことは容易ではない。ターン1までの距離が長いので、特に気温がこのような場合、明日は難しいだろう。エキサイティングなレースになるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1ハンガリーGP