F1イギリスGP勝利のルイス・ハミルトンにオンラインで人種差別的中傷
F1イギリスGPで勝利を収めたルイス・ハミルトンは、オンラインで人種差別主義者による中傷の標的にされている。

ルイス・ハミルトンは、チャンピオンシップのライバルであるマックス・フェルスタッペンとの物議を醸した1周目の衝突に巻き込まれた後、10秒のペナルティから反撃してF1イギリスGPを制した。

ルイス・ハミルトンはピットストップ中にタイムペナルティを消化した後、センセーショナルに追い上げをみせ、フェラーリのシャルル・ルクレールを残り3周でパスし、今季4勝目を挙げて14万人のホームの観客を喜ばせた。

しかし、シルバーストンでの勝利からわずか数時間後、ルイス・ハミルトンはオンライン上で人種差別的な中傷にさらされた。

日曜日の夜にルイス・ハミルトンとメルセデスF1チームのソーシャルメディアチャネルの両方で勝利を祝う投稿には、返信として人種差別的なコメントと猿の絵文字が送信された。

ルイス・ハミルトンは、今月初めにユーロ2020の決勝でイングランドがイタリアに敗北した後、ソーシャルメディアで人種差別的な中傷を受けたイングランドのマーカス・ラッシュフォード、ジェイドン・サンチョ、ブカ・ヨサカへのサピートを表明していた。

36歳のルイス・ハミルトンはF1の反人種差別の推進をサポトし、差別との戦いの一環としてすべてのグランプリの前に跪いている。

F1で唯一の黒人ドライバーであるルイス・ハミルトンは、モータースポーツにおける黒人の代表を増やすための委員会を設立。先週、モータースポーツとF1の多様性の欠如に関する調査結果と推奨事項を発表している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イギリスGP