ルイス・ハミルトン、スタート失敗に困惑 「やるべきことはやったはず」 / メルセデス F1イギリスGP スプリント予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、1番グリッドから土曜日のスプリント予選をスタートしたが、スタートでマックス・フェルスタッペンにリードを奪われて2位でレースをフィニッシュ。蹴り出しの悪さに途方に暮れた。

金曜日の予選でマックス・フェルスタッペンに0.075秒差をつけてトップタイムを記録してホームの観客を沸かせたルイス・ハミルトンだが、迎えたスプリント予選では素晴らしいスタートを切ったマックス・フェルスタッペンにターン1までにリードを奪われた。

「クラッチをヒットさせなければならないターゲットポジションがあるし、それがターゲットだ。いつもターゲットにしていることだし、それをやった。やるべきことをやったはずだけど、どういうわけかうまくいかなかった」とルイス・ハミルトンは振り返る。

「理由は分からない。ホイールスピンが多かった。その後は言うまでもない。当然、すべてのことにトライしたけど、フェルスタッペンはあまりに速かった。今日の彼はとにかく速すぎた」

1位のマックス・フェルスタッペンには3ポイント、2位のルイス・ハミルトンには2ポイントが付与され、1ポイントしか失わなかったが、レッドブル・ホンダF1のペースに驚かされたと語る。

「すべてのポイントが重要だ」とルイス・ハミルトンは付け加えた。

「でも、明日、再び戦えることに感謝している。だた、彼らはレースで非常に強かった。彼は引き離していったし、彼にしがみつくためにできることは何もなかった。どうにか前に出なければならない。ホンダはエンジン面で素晴らしい仕事をした。彼らのスタートは今年本当に素晴らしい。スタート時にパフォーマンスが少し落ちてポジションを失うことは決して素晴らしいことではないし、そこを改善するためにもう少し努力する必要がある」

日曜日のF1イギリスGPには14万人のファンが期待されており、ルイス・ハミルトンは情熱的なホームの観衆の前でベストを尽くすことを誓った。

「もう一度スタートをやり直せたらと思うものだけど、幸いにも明日やり直せる」とルイス・ハミルトンは語った。

「週末は素晴らしかった。金曜日に予選を行うのはとても楽しい日だった。より楽しい一日だった。最もエキサイティングなレースだったかどうかは分からないけど、もっとそのようなことをする必要がある。週末がもっと楽しくなるので、将来は違ったバージョンがあるかもしれない」

「明日もみんなにエネルギーをもたらしたい。全力を尽くすつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イギリスGP