ルイス・ハミルトン 「ロズベルグに負けたことを消化できずにいた」 / メルセデスF1
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2016年のF1世界選手権でチームメイトのニコ・ロズベルグに敗れた。現在、6回のF1ワールドチャンピオンとなったハミルトンは、その喪失感を消化するのは難しいことだったと語る。

ニコ・ロスバーグとルイス・ハミルトンは、2016年以降ほとんど話ていない。それは、彼らが互いに戦った激しい決闘のせいもあるが、ルイス・ハミルトンが敗北を受け入れることに苦労したことも原因だった。

「F1でのキャリアにおける最大の失望は、2016年にタイトルを失ったことだ。ロズベルグは僕を倒した。その喪失感を消化するのは困難だった」とルイス・ハミルトンは La Gazzetta delloSport に語った。

「自分の最高の勝利を挙げることはできないけど、不思議なもので、その敗北はまだしっかりと覚えている。本当に慎重に考えならない。雨の中で最高の勝利を収めたと思う。2018年のシルバーストンやモナコのようなレースだ。それらについてほとんど覚えていないけど、それらが僕の最高の勝利だと思う。実際にそれらのレースについての詳細を伝えるには改めて映像を見なければならないだろう」

今年、ルイス・ハミルトンは7回目のF1ワールドチャンピオン獲得への道を順調に進んでいるが、F1キャリアのなかで人間としても変わったと語る。

「よく変わったかと聞かれるけど、代わっていないと言っている。それでも、この年齢になるとそれは事実ではない。もちろん、僕はまだ戦士だし、自分の発言を恐れてはいない。たとえ、それらの言葉が他の誰かを怒らせることになったとしてもね。でも、賢くなったし、自分への自分も増している。もちろん、少し臆病で自分を閉ざしていた時期も経てきた。多くの人がそうであるようにね。でも、僕はそこから抜け出した。

「ライバルとの競争から多くのことを学び、レースの分野でも成長した。最初は、マシンで何を変更する必要があるかを明確に示すことができなかったけど、今はそれができる。マシンを運転しなければならなかったからね。今ではチームとより緊密に連携してマシンをより良くすることができる。チームと一緒により楽しむことができるし、そこは本当に素晴らしい成長だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / ニコ・ロズベルグ / メルセデス