ミカ・ハッキネン 「ルイス・ハミルトンは想像を絶するF1記録を残す」
2度のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、ルイス・ハミルトンがF1引退を決断するまでに“想像を絶する”ような記録をF1で打ち立てる可能性があると語る。

ルイス・ハミルトンは、先週末のF1アイフェルGPでミハエル・シューマッハの91勝というF1最多勝利記録に並んだ。今後のレースではさらにその記録を伸ばしていくのは確実だと考えられている。

F1は新型コロナウイルスの世界的な流行によって来シーズンも現在のレギュレーションを維持。今シーズン末でメルセデスとの契約が期限を迎えるルイス・ハミルトンだが、今後数年間はメルセデスに留まると考えられている。

F1キャリアを通じてミハエル・シューマッハと戦い、1998年と1999年にタイトルを獲得したミカ・ハッキネンは、2001年末に33歳で引退するまで20勝を挙げた。

「ルイスが勝利を収め、そして、21歳で始め35歳になった今も勝利を繰り返す能力は簡単なことではない」とミカ・ハッキネンは Unibet のコラムで述べた。

「タイトルを2回獲得するのにどれだけのエネルギーが必要かを知っている。そして、自分が33歳でF1でレースをやめたとき、それは正しい瞬間だと分かっていた。だから、誰もルイスが成し遂げたことを単に最高のクルマを持っているだけの問題だと考えるべきではない」

「勝ち続けるには、能力、フィットネス、アプリケーション、そして集中力が必要だ。明らかにルイスはそれを実現する方法を見つけた」

「ルイスが引退を決定するまでにどのような新しい記録が生まれるか想像することもできない」

「もちろん、ミハエルは1シーズンで最も最多勝利である13勝などの記録を保持しており、彼の歴史上の立場は保証されている。だが、ルイスはその記録簿のトップにいる」

ミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、レース後のルイス・ハミルトンの功績を称えて、ミハエル・シューマッハがメルセデス時代にレースで着用していたヘルメットを贈った。

「レースの終わりにミック・シューマッハがルイスに父親のヘルメットの1つをプレゼントするのを見てとてもうれしかった」とミカ・ハッキネンは付け加えた。

「シューマッハ家は非常に強く、ミハエルはルイスの業績を最初に認めるなければならない手ごわい競争相手だ。そのため、ミックが彼を代表し、91勝の記録に匹敵したこをを認める良い機会だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス