ルイス・ハミルトン、2年前にラッパーとしてデビュー 「XNDAは僕」/ F1関連ニュース
メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンは、2年前にクリスティーナ・アギレラのアルバム『リベレーション』内の曲“パイプ”に登場した謎のラッパー『XNDA』が自分であることを明かした。

ルイス・ハミルトンは、過去数年間に音楽活動やレコーディングをしていることにたびたび触れていたが、公式に彼の名義で何かをリリースしたことはなかった。

「信じられないほど美しく、才能のある人から、アルバムに出演してほしいと頼まれたときはとても感動した。僕はその機会に飛びついた。2時間で短い歌詞を書いてと録音した」とルイス・ハミルトンはInstagramで語った。

「まずは音楽を聴いてもらって、後から僕だとわかってもらうように違う名前で音楽を出すという計画だったけど、計画通りにはいかなかった。自分だと認めるのが恥ずかしくなってしまった。理由はわからない。不安だったり、恐れだったし、考えすぎだったのかもしれない。多くの人に共感してもらえると思う」

「そうだね。XNDAは僕だと言いたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス