ルイス・ハミルトン、3グリッド降格ペナルティ / F1オーストリアGP
F1オーストリアGPの決勝を目前に控え、メルセデスF1のルイス・ハミルトンに3グリッド降格ペナルティが科せられた。予選を2番手で終えていたハミルトンは5番グリッドからスタートすることになった。

土曜日の予選Q3での最後のアタックで、ルイス・ハミルトンは直前を走るバルテリ・ボッタスがコースオフした際に提示されたイエローフラッグを無視し、減速しなかった疑いで審議対象となっていた。

しかし、スチュワードは、イエローフラッグと同時にグリーンライトも表示されていたとして、お咎めなしと判断していた。

だが、決勝日を迎えた日曜日、レッドブル・レーシングがこの判断に不服として新しい証拠映像とともに再審を要求。現地時間13時45分から改めて見直された結果、ルイス・ハミルトンに3グリッド降格ペナルティが科せられることとなった。

スチュワードは「新しいビデオ映像はターン5の左側でイエローのライトパネルが点灯していることを明確に示しチエル。セクター9のマーシャリングの最後にグリーンライトパネルが点灯していた。その事実を考慮し、スチュワードはカーナンバー33(ハミルトン)にペナルティを科すことを決定した」と述べた。

この結果、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンがフロントロー、ランド・ノリスとアレクサンダー・アルボンが2列目に昇格する。

F1オーストリアGP 決勝スターティンググリッド
1.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3.ランド・ノリス(マクラーレン)
4.アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
5.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6.セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
7.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
8.カルロス・サインツ(マクラーレン)
9.ランス・ストロール(レーシングポイント)
10.ダニエル・リカルド(ルノー)
11.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
12.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
13.ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
14.エステバン・オコン(ルノー)
15.ロマン・グロージャン(ハース)
16.ケビン・マグヌッセン(ハース)
17.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
18.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
19.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
20.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1オーストリアGP