ルイス・ハミルトン 「ゲームは楽しいけどシムレースに興味はない」 / メルセデスF1
メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンは、グランツーリスモで遊ぶことはあるが、他のF1ドライバーのようにバーチャルレースに興じることはなさそうだ。

ランド・ノリスとマックス・フェルスタッペンが先導役を務めて、シャルル・ルクレール、ジョージ・ラッセル、アレクサンダー・アルボンといった若手ドライバーはバーチャルレースの世界に参入。最近ではセバスチャン・ベッテルもシムレースを行った。

ルイス・ハミルトンは、ソニーとの繋がりでグランツーリスモで自分のラップタイムを打ち負かそうとすることはあるものの、他のドライバーのように競技に参加することに興味はないと語る。

「シムレースを走らせることに興味はない」とルイス・ハミルトンは語る。

「でも、グランツーリスモとソニーがセットアップ全体を送ってくれた。僕はグランツーリスモで遊んで育ったし、マシンを買うためのお金を稼ぐのに何時間も費やしたこともある」

「過去数年間、彼らと一緒に仕事をしているし、自分のラップタイムを更新する挑戦をしなければならなかった。自分でレースをして、自分のラップを破ろうとしてきた。僕のラップはかなりまともだったので、本当にイライラしたよ!」

「正直なところ、それは最もクールなことの1つだ。当然F1ゲームをプレイして育ったので、自分のマシンがそこに登場するのが待ち切れなかった。でも、F1に到達したら、特にF1のようなレーシングゲームでは遊んでいないかな。どうしてかはわからないけどね」

「でも、このゲームでは幸運なことに自分のマシンを稼ぐために働く必要はない。彼らは僕にクレジットを送ってくれて、マシンを買うことができるからね。長い道のりだったことを考えると信じられない。このゲームでは、僕のチームと僕が長年にわたって進化させて、構築してきたマシンを、人々が稼いでドライブすることができるんだからね」

F1ドライバーでの時間はF1ドライバーにとって重要な部分となっているが、ルイス・ハミルトンはシミュレーターに乗ることは“非常にまれ”だと語る。

「僕はシミュレーターを運転することはない。ごく稀に乗るはことはあるけどね」とルイス・ハミルトンは認める。

「シミュレーターでは、動きが完璧になることは決してないので、とても難しいし。それは彼らが常に改善しようとしているものだ。当然だけど、家のシミュレーターの座席は動かないし、心の中でマシンは動いているけど、動きのきっかけは得られらない」

「ある意味、心を無効にする必要があるし、僕はあまりにそのプロセスを経験するのが好きではない。本物に乗り込むと、それは完全に異なる」

「個人的には、シミュレーションを行うメリットはないと思っているけど、実際にゲームという点では楽しいね。友人とオンラインで遊ぶのはプラスのステージだ」

ルイス・ハミルトンはオンラインゲームに参加していないが「ピエール・ガスリーとシャルル・ルクレールとコールオブデューティをしたことがある」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス