ルイス・ハミルトン 「新型コロナを心配するのは恥ずべきことではない」
6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、新型コロナウイルスの危機のなかでF1オーストラリアGPが開催されていることを“非常に驚いている”とし、スタッフがメルボルンにいることは“衝撃的”だと語った。

新型コロナウイルスの感染者は世界中で120,000人以上が確認され、5000人近くが死亡。世界保健機関(WHO)は“パンデミック(世界的な大流行)”状態に達したと表明した。

F1オーストラリアGPの会場となるアルバート・パークでは、いくつかの予防措置が講じられているが、主催者は予定通り進めると主張し、F1バーレーンGPのようにファンの参加を禁止する立場には従わないと主張している。

メルセデスのルイス・ハミルトンは、オーストラリアへの旅行中にはこの問題についてあまり考えていいなかったが「今、僕たちがここにいることに非常に驚いている」と語る。

「レースがあるのは素晴らしいことだと思うが、全員がこの部屋にいるのは衝撃的だ。今日すでに多くのファンがここにいる」

「世界の残りの部分は反応しているようだ。おそらく少し遅れている。でも、今朝、ドナルド米大統領がヨーロッパからアメリカへの国境を閉鎖するのを目にした。NBAは中止となった」

「そうだね、まだF1は続いている」

「ここの人々にとって懸念を抱いている。入ってくるのはかなり大きなサーカスだ。間違いなく心配している」

なぜレースがまだ開催されていると思うかと質問されたルイス・ハミルトンは「現金が王様」と答えた後、「正直にわからない」と付け加えた。

「僕は自分の意見を恥ずかしがるべきだとは思わない。実際のところ、僕たちはここにいる。僕は人々にできる限り注意を払ってほしいだけだ」

「ファンには予防策を講じることを本当に望んでいる。僕はすべてが通常の日として起こっているのを見ているけど、実際にそうだとは思わない」

ルイス・ハミルトンの主張は、これまでF1ドライバーが述べてきたなかで最も強いものだ

ライバルたちは、主にFIAとF1が主催者と地方自治体と連絡を取り、正しい決定を下すことを信頼していると述べている。

しかし、4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、今週末にレースをするのが正しいかどうかを尋ねるのは公平だと語る。

「公正な判断を下すのは非常に難しい」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「多くのスポーツ競技や大きなイベントは延期され、キャンセルされる。ルイスが言ったように、なぜあなたがここにいるのか疑問に思うのは当然だ」

「できる限り予防策を講じるために、FIAとFOMを信頼する必要がある」

「誰にも答えられないのは、起こっていることををどれだけコントロールできるかということだ」

「僕たちはここにいる。だから、できる限り注意を払うように心がけていきたいと思う」

ハースとマクラーレンの5人のチームスタッフがF1パドックでウイルスの検査を受けたことが知られており、これらの検査のいずれかが陽性の場合、それらのチームの他のメンバーは隔離される。

しかし、そのような結果にどの程度まで達するかは不明だ。

セバスチャン・ベッテルは、パドック内で新型コロナウイルスの症例が確認された場合に何が起こるかについての質問に答えることは不可能であると述べた。

「どちらか一方が正しい決定か賢明な決定になることを望んでいる」と語った。

セバスチャン・ベッテルは、状況が悪化して重篤な症例または死亡が発生した場合、イベントを停止するのが正しいと付け加えた。

「そこまで行かないことを願っている。でも、そこまで行ってしまった場合は確実にハンドブレーキを引っ張ってほしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1オーストラリアGP