ルイス・ハミルトン、フェラーリ会長と2度の面談との報道…2021年に移籍?
ルイス・ハミルトンが、2019年にフェラーリのジョン・エルカン会長と2度の面会を行ったと La Gazzetta dello Sport が報じた。

ルイス・ハミルトンは、2020年でメルセデスとの契約が期限を迎えることになっており、F1アブダビGPの週末にフェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットが2020年末でルイス・ハミルトンがフリーになることは“嬉しいことだ”と語って推測を生んだ。

ルイス・ハミルトンは「13年間で初めてフェラーリから得た賛辞だと思う」とルイス・ハミルトンはコメント。

「正直、彼らが僕に言及したことを覚えていないし、ありがとう、それを受け入れるよ。あまり意味はないことだし、それはすべて話だけだ。でも、彼らがそういった認識するために随分と時間がかかったね。でも、嬉しいよ 」

フェラーリの噂の背景には、ルイス・ハミルトンと2021年以降の契約をめぐるメルセデスとの交渉がある。

ダイムラーのCEOであるオラ・カレニウスは、メルセデスが今後コストを削減していくことを示唆しており、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、リバティ・メディアでF1のCEOであるチェイス・キャリーの後任を務めるとの噂がある。

ルイス・ハミルトン「フェラーリ)はすでに2人の素晴らしいドライバーがいると思う。だから、どのドライバーが来年マーケットにできるかはわかっている」

「正直、契約に関して次のフェーズがどのように進むのかはわからない」

La Gazzetta dello Sportは、ルイス・ハミルトンが実際に2019年に2度、ジョン・エルカン会長と面会したと主張している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / フェラーリ