ルイス・ハミルトン 「F1メキシコGPで王座が決まるとは思っていない」
ルイス・ハミルトンは、次戦F1メキシコGPで6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得するのは難しいかもしれないと考えている。

F1日本GPで3位にフィニッシュしたルイス・ハミルトンは、残り4戦で2位のバルテリ・ボッタスに64ポイント差をつけた。次戦メキシコGPでバルテリ・ボッタスよりも14ポイントを獲得すれば、6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得する。

しかし、ルイス・ハミルトンは「物事を急ぎたいと思ったことは一度もなかった」とルイス・ハミルトンはコメント。

「私たちのマシンのセットアップ方法にはメキシコは総合的に年間で最悪のレースだと思う。僕たちにとって厳しいものになるだろう。あそこでタイトルを獲得してきたけど、過去数年はかなり衝撃的だった」

「メキシコで決定することになるとは思わなっていない。数戦を戦うと思うことになると思っている。

だが、誰がチャンピオンになるかではなく、いつチャンピオンを獲得するかの問題であるかは間違いないだろう。

セバスチャン・ベッテルは「ルイスが勝つだろう。どのレースかは問題ではない。彼にとってそれが重要だと思う?」とセバスチャン・ベッテルは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス