ルイス・ハミルトン 「DRSが必要ないF1マシンにしてほしい」
メルセデスのルイス・ハミルトンは、2020年のF1マシンからDRS(ドラックリダクションシステム)がなくなることを望んでいる。

ルイス・ハミルトンは、DRSが人為的なオーバーテイクを生み出していると感じており、F1マシンはお互いに追従してDRSがなくてもオーバーテイクができるものであるべきだと考えている。

「それについて僕にできることは何もないけど、おそらくしばらくはF1の一部になると思う」とルイス・ハミルトンは RaceFans に語った。

「彼らが2021年にDRSを維持するかどうかはわかりらない。残っているだろうと想像しているけど、ウイングはかなり大きくなるし、もっとしっかりと追従できるようになることを願っている。そうすれば、DRSを必要がなくなるだろう」

「オーバーテイクのいくつかは、ストレートの途中で行わているし、もちろん、それはエキサイティングではあない。コーナーでオーバーテイクしたい。別のマシンのインサイドについてね」

「でも、そうするしかない。僕を悩ませてはいない。利用するできるポジションに到達しなければならないだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス