F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、元チームメイトの最近の一連の発言に反論した。

2016年にルイス・ハミルトンを倒してワールドチャンピオンを獲得してF1から引退したニコ・ロズベルグは、最近、自分のYoutubeチャンネルでマックス・フェルスタッペンの方がルイス・ハミルトンよりも優れていると発言。

「フェルスタッペンがメルセデスにいたら、彼はチャンピオンシップポイントでハミルトンに前にいただろう」とニコ・ロズベルグはコメント。

「とにかく彼は驚異的なシーズンを過ごしている。現時点でフェルスタッペンはベストドライバーだ。本当に印象的であり、オーランダ全土が興奮している。我々全員が彼を見ることを心から楽しんでいる。フェルスタッペンは本当に刺激的だ」

ニコ・ロズベルグは、その根拠の一部としてルイス・ハミルトンの34歳という年齢を挙げていた。

F1ハンガリーGPでマックス・フェルスタッペンとの激戦を制して優勝したルイス・ハミルトンは「僕はそのブログを見ていない。それが僕の人生に影響を与えることはない」とコメント。

「彼が正しいか間違っているかは僕には興味はない。でも、彼には自分の意見を言う権利がある。ただ、基本的に僕の記録と結果がそれ自体と物語っていると思っている」

「僕が達成しような成功を収めていないのに話をしたがる人々がいつもいるけど、問題はないよ」

「かつて本を読んだことがある。自分について悪口を言う人は、実際には自分自身について話しているので、個人的にそれを受け取るべきではないと書かれていたよ」

ニコ・ロズベルグが指摘したトップアスリートとしての年齢についてルイス・ハミルトンは「自分は素晴らしいと感じている」と反論。

「僕はまだ元気だ。1週間前は体調を崩していたけど、今週は強く戻りたいと思っていたし、成功した」

「僕は34歳だ。でも、これまでよりもうまくやれていると感じているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / ニコ・ロズベルグ / メルセデス