F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンの方が自分よりも優れたドライバーだとしてレッドブルのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーのコメントは気に留めておらず、“特定の注目が必要な人”なのだろうと語った。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンの方がルイス・ハミルトンよりも優れており、同じクルマに乗ってれば、確実に倒すことができるだろうと述べていた。

その発言についてコメントを求められたルイス・ハミルトンは、F1オーストリアGPでのマックス・フェルスタッペンの走りを称賛し、そのような比較は気にも留めていないと語った。

「自分を誰かと比較することはない。そうする必要もない。彼(クリスチャン・ホーナー)の発言に対する返答はあまりない」とルイス・ハミルトンはコメント。

「特定の注目を必要としている人もいると言うことだと思う」

「マックスは素晴らしい仕事をしてきたと思うし、それを見るのは本当にエキサイティングなことだと思う。この前のレースは素晴らしかったと思っている。彼らがどのように順位を上げて行ったかを見るのは本当に面白いと思うよ」

ルイス・ハミルトンは、今週末のシルバーストーンでレッドブルとフェラーリの両方から厳しい挑戦を受けることになると予想している。

「レッドブルとフェラーリが前進を果たしていることを僕たちは完全に認識していると思う。前回のレースでの彼らのペースは素晴らしかった」とルイス・ハミルトンはコメント。

「僕たち全員がより拮抗した週末になるだろう。去年、フェラーリはレッドブルと同様にここでかなり速かった。レッドブルは少し劣っていたと思うけど、今の彼らには新しいエンジンがあるし、さらに速くなると思う。簡単な週末にはならないのは確かだ」

今週末のF1イギリスGPで優勝すれば、ルイス・ハミルトンは6勝目となり、アラン・プロストとジム・クラークを抜いて、イギリスGPでの最多勝利記録で単独トップに躍り出る。

「僕は記録な好きな人ではないので、今週末それが実現してもしなくても、僕にとっては大きなことではない。僕はもう少し長くここにいるつもりだしね」

「そのような可能性があることは僕にとって非現実的なことであえあるし、究極的にはその種のことは考えないようにして仕事に集中することが重要だと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス