F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1フランスGPのフリー走行2回目にマックス・フェルスタッペンとのニアミスに繋がったコースオフはさらに悪い結果を招いたいた可能性があったと振り返る。

ルイス・ハミルトンは、ターン4の入り口でリアのコントロールを失ってボラードを吹き飛ばしてランオフエリアまでドリフト。コントロールを取り戻してコースに復帰したが、後ろに迫っていたマックス・フェルスタッペンはコース外を走ることを余儀なくされた。

「深刻な瞬間だった。自分でも驚いた」とルイス・ハミルトンはコメント。

「スピンしていたらウオールにぶつかっていた。ドリフトをコントロールしていた。ブレーキをかけたり外したりし、少しアクセルを踏んだりしながら、バランスを保とうとしていた」

「ちょっとクールだったとね。だから、ぶつからなくて満足しているのは確かだ。タイヤもあまり傷つけなかった」

ルイス・ハミルトンは、出来る限り慎重にコースに再合流したが、マックス・フェルスタッペンのことは目ていなかったと認める。

「ミラーを見ていたけど、白線に沿った後ろには何も映っていなかった。マックスは反対側のレースのかなり遠くにいた」とルイス・ハミルトンはコメント。

「とにかく邪魔にならないようにゆっくりと走ろうとしていたら、彼が突然やってくるのが見えた。幸運にも僕はに近づきづぎることはなかったし、コーナーで彼をストップさせることはなかった。彼は出口で大きなスナップをが出ていたと思う」

「しかし、そうだね、僕たちはそこにいた。実際にこのようなことは起こることだし、それは意図的なものではなかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス | F1フランスGP