F1 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG F1
ルイス・ハミルトンは、メルセデスならF1モナコGPの予選でフェラーリがシャルル・ルクレールのQ1敗退に繋がったようなリスクは冒さないと語る。

F1モナコGPの予選で、Q2とQ3のためにタイヤをセーブしようとしていたフェラーリは、Q1のカットオフタイムを読み間違え、シャルル・ルクレールはガレージのなかで自分がノックアウトされるのを見ることしかできなかった。

予選15番手からスタートしたシャルル・ルクレールは、ニコ・ヒュルケンベルグに強引なオーバーテイクを仕掛けてウオールに接触。マシンは走行不能となり、母国レースでジュニアカテゴリーを含めて4回目のリタイアを喫した。

F1モナコGPでポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンは「時々起ることだよね?」とコメント。

「最少タイム、ノックアウトタイムがある。彼らは最小タイムはこれだと言い、路面がある程度改善することを予測するだろう」

「コースに出て、1周して、彼らは安全だと言う。僕の1周目は彼らは安全だと言っていた。っでも、僕はステイアウトできたし、もっと多くの走行を行った。僕はステイアウトして、タイムを更新して、路面の改善んを見てみることに決めた」


「僕も過去にガレージに座っていて『ぎりぎりだ。もう一度出ていくかもしれないし、出ていかないかもしれない』と言われたことがある。フェラーリはそのリスクを選んだ。僕たちならあまりそのようなリスクは冒さない」

メルセデスはどのようにして同じような状況が起こるのを避けているのかと質問されたルイス・ハミルトンは「コミュニケーションが一貫している。その関係性がとても重要だ」とコメント。

「僕たちのチームには素晴らしい人材がいる。彼らはミスをしないだけでなく、彼らは自分たちの言葉を伝えてくれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス