F1 ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、少なくとも7回のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハが引退した38歳まではレースを続けられると考えている。

ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハの最多ワールドチャンピオン記録を破りたいという願望を表明したことは一度もなかったが、現在5回のタイトルを獲得しているルイス・ハミルトンは今季6戦中4勝と力強いスタートを切っている。

しかし、ルイス・ハミルトンは、少なくとも2023年まであと5年はレースをするだろうと主張。ミハエル・シューマッハの記録を破ることを目指すことになるだろうと示唆した。

「ミハエルは38歳の時に引退した。僕は33歳だ。自分のなかでは間違いなくあと5年はやれると思っている」とルイス・ハミルトンはコメント。

「僕はあかしいくらいに勝利を目指している。それが本当に僕を駆りたてているし、僕がレースをしている人々はそのような炎が少し不足しているのではないかと感じている」

「僕はこのチャンスを掴んだ。簡単に手放すこともできたけど、改善し、成長し、プッシュし続けなければ、それを無駄にすることになると感じている」

「基本的いにそれを楽しめなくなるまでは続けなければならない」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスと2020年まで契約を結んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス