F1 ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、NetflixからF1ドライバーとしての彼の人生に焦点を当てたドキュメンタリーのオファーがあったことを明かした。

先月、Nexflixは、2018年のF1世界選手権のドキュメンタリー『Formula 1: Drive to Survive(フォーミュラ1:生き残るためにドライブする)』の配信を開始。全10回のエピソードが配信される予定となっている。

しかし、フェラーリとメルセデス、そして彼らのドライバーは、ドキュメンタリーには参加しておらず、制作チームを受け入れることを拒否していた。

だが、F1のドキュメンタリーを作成する前にNetflixはルイス・ハミルトンにオファーしていたという。

「ずっと前に彼らと仕事をする機会があった。全てが出てくる前のことだったし、個人的なものだった。それを断ったわけではなかった」

「チーム(メルセデス)が何かをやろうとしていたので実現はしなかった。、そのあとF1がやってしまった」

F1のドキュメンタリーについてルイス・ハミルトンは「様々なレビューを聞いた」と付け加えた。「それらの大多数はポジティブなものだった」

「スポーツを理解していない人にとっては良いことだと思うし、なぜあなたがF1グランプリを観戦するのかがNetflixでわかると思う。良いことだと思っている」

「僕は見てはいないけど、彼らがそれを推進し続けてくれることを願っているし、シリーズ2とかいろんなことが続いていくのを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン