F1 ルイス・ハミルトン メルセデス
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1オーストラリアGP決勝でのペース不足がフロアの損傷によるものだとわかって安堵したと語る。

ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンだったが、スタートでチームメイトのバルテリ・ボッタスにリードを奪われた後は、反撃する機会がないまま2位でレースを終えた。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ルイス・ハミルトンの走りは少し奇妙だったと語っていた。

「ルイスが何をやっていたのかは分からない。彼はスタートで負けてしまったので、退屈で楽しくなかったのかもしれないね」とセバスチャン・ベッテルは語っていた。

だが、レース後、ルイス・ハミルトンのマシンがフロアにダメージを負っていたことが判明いている。

「原因が見つかってうれしい。これから新たなページをめくっていくことになる」とルイス・ハミルトンは語った。

元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、今後ルイス・ハミルトンが反撃に転じるだろうと予想する。

「今回の結果にルイス・ハミルトンがどのように反応していくのかは興味深くなるだろうね。僕たちは彼が2位でゴールすることに興味がないことはわかっている。特に自分のチームメート相手ではね」とミカ・ハッキネンは Unibet のコラムで堅田。

「ルイスは、今回のバルテリの勝利は1回限りのことにしたいと思っているだろう。だが、これと同じことがバーレーンや中国でも繰り返されることになれば、チームでの力関係がどのように変化していくのかを見るのが楽しくなるだろう。戦いはまだ始まったばかりだ」

関連:メルセデス、ルイス・ハミルトンのフロア破損は「縁石の衝撃が原因」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン