F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、フォーミュラEにはガソリンパワー、サウンド、スピーが不足しているため興味はないと語る。

フォーミュラEは人気を高めており、来期はマクラーレンのストフェル・バンドーンが、メルセデスの新しいワークスチームから参戦することが決定している。

「アウディ、BMW、メルセデスというトップブランドが揃うの素晴らしいことだ。多額の投資をしているけど、葛藤を感じている。難しいだろう」と5度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンはコメント。

「僕たちのクルマが放出する排気ガスは特に役に立たないので、そこは懸念だけど、その一方で僕はクルマに夢中な男だ」

「少なくとも僕の時代にはずっと何らかのサウンドがあるV型エンジンを搭載した燃料車でいることを願っている」

また、ルイス・ハミルトンは、F1とフォーミュラEはパフォーマンス面では比較にならないと語る。

「5年から10年かかるかもしれない。でも、僕たちのテクノロジーは彼らと比較してかなり進んでいる。現時点で彼らはフォーミュラ・フォードより遅いし、F1のスピードに追い付くには長い道のりがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | フォーミュラE