ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、F1ベルギーGPで接触事故を起こしたチームメイトのニコ・ロズベルグとの今後のバトルは慎重になるだろうと述べた。

ルイス・ハミルトンは、スタート時にニコ・ロズベルグを抜いて首位に立ったが、ロズベルグが2周目のレ・コームでポジションを取り戻そうと仕掛けてきた際にハミルトンと接触し、ハミルトンは左リアタイヤがパンクした。

レース後のミーティングで、ニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトンとメルセデスのスタッフに対し、接触が避けられないことはわかっていたにも関わらず、それでも引かなかったと明かしたようだ。

ルイス・ハミルトンは、残りのシーズンで自分のの中にしこりが残るだろうと語った。

今後、ニコ・ロズベルグを信頼していけるか質問されたルイス・ハミルトンは「走っているときには、周りの人たちが頭で物事を考えて、わざと何かをしたりしないと信じることが必要だ」とコメント。

「自分の仕事についての話になったので、僕はそれを質問した。僕たちが言われたのは、チームのためにフィニッシュするということだった。常にチームがプライオリティだ。たとえ、彼らが僕たちにレースしてもいいと言ったとしても、チームが優先される。そこで争って二人でクラッシュしていいという意味ではない。いずれにせよ、良い一日になると思っていた」

ルイス・ハミルトンは、レ・コームではニコ・ロズベルグより前にレーシングライン上にいたため、接触についてはまったく責任がないと考えている。

「彼は僕が悪いと言った。彼には避けることができたけど、そうしたくなかったとね」

「逆だったらどうなっただろう。フェルナンドや他の全てのドライバーに聞いてみるといい。あるクルマが、クルマの半分より後ろの状態で隣にいて、自分がインサイドだった場合、それはこっちのレーシングラインだ。ご丁寧にもスペースを残すために大きく後退したりするなんて、こっちの仕事ではない」

「それに、ウォールがあるような状況だったわけでもない。1周前のセバスチャンを見ればわかると思う。彼はもっと前に行っていたけど、彼はアウトサイドからは仕掛けられなさそうだとわかっていた。彼は賢明だった」

モンツァでホイール・トゥ・ホイールの状態になったとき、ニコ・ロズベルグを信頼できるかと質問されたルイス・ハミルトンは「とにかくホイール・トゥ・ホイールにならないようにするよ」とコメント。

「次のレースにどうアプローチしていいかまったくわからない。わかっているのはプッシュしなければならないということだ。ここから巻き返すには長い道のりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス