ハースF1チーム代表 「フェラーリの2023年型F1エンジンは核爆弾級」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2023年シーズンのF1パワーユニットに関して、フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットとポジティブな話し合いを行っていることを明らかにした。

フェラーリは、2021年に今シーズンのF1エンジンのトライアルを開始。そのシーズンをシャシーの開発に費やした後、今年の最有力候補の1つとしての地位を確立した。

シャルル・ルクレールとカルロス・サインツの4勝により、フェラーリはメルセデスを破ってチャンピオンシップで2位になったが、最終的に両方のタイトルを獲得したレッドブルのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスに敗れた。

ハースF1チーム自身も新しいテクニカルレギュレーションに備えるために2021年を使用し、ケビン・マグヌッセンがミック・シューマッハと並んで復帰した後、チャンピオンシップで最下位から8位に上昇した。

ギュンター・シュタイナーは、フェラーリが2022年シーズン後半に向けてエンジン部門に注意を向けた後、2023年、フェラーリ、ハース、アルファロメオの車の後部には素晴らしい機械が取り付けられることをほのめかした。

ケビン・マグヌッセンが受賞したロレンツォ・バンディーニ賞の授賞式で、ギュンター・シュタイナーは「木曜日にマッティア・ビノットに会い、彼は来シーズンのエンジンが角爆弾になると私に言った」と語った。

「エミリア・ロマーニャでは、フェラーリに対する多くのサポートがある。そして、エンジンが競争力を持っていれば、我々にとってもプラスになるだろう」

2022年からF1エンジンは凍結されているが、9月までハイブリッド側のアップデートは許された。フェラーリは2022年シーズン中にF1パワーユニットに信頼性の問題を抱えており、ポテンシャルをフルに使うことができていなかったと報じられている。

ケビン・マグヌッセンは、シーズンの最後から2番目のラウンドとなったブラジルで見事なポールポジションを獲得。2022年のハースF1チームのポイントの大部分を獲得しました。

ほぼ最下位を独占した2シーズンのレースの後、ギュンター・シュタイナーは彼のチームが達成した進歩に満足しているが、さらに多くを望んでいると語る。

「我々はパンデミックで困難な2年間を過ごした。終わったばかりのチャンピオンシップはうまくいったが、もっと良くなる可能性もあった」とギュンター・シュタイナーは説明した。

「我々は今年を成長の年と考えていた。マグヌッセンは、計画になかったポールポジションを獲得した。2023年にはさらに成長したいと考えている。目標は、順位をさらに上げて、常にポイントを獲得し、いつか表彰台に上がることだ」

ミック・シューマッハの放出後、ケビン・マグヌッセンは来年、元ウィリアムズ、フォース・インディア、ルノーのドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグと組むことになる。

ギュンター・シュタイナーは、新しいドライバーラインナップがチームの前進の勢いを維持できることを望んでいる。

「来年は、一歩前進するシングルシーターが登場する。アルファタウリを再び打ち負かすことを望んでいる」とギュンター・シュタイナーは付け加えた。

マッティア・ビノットは12月末にフェラーリを去る予定で、会長のジョン・エルカンは、チームが深刻なタイトル挑戦に失敗した一連のエラーに感銘を受けなかった。後任はまだ発表されていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / フェラーリ