ハースF1代表 「ファンはヒュルケンベルグとマグヌッセンを喜ぶはず」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームの2023年のケビン・マグヌッセンのチームメイト候補リストのトップにいるようだ。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハが2023年に再契約するのは「50-50」だけだと語っている。また、23歳のシューマッハは、フェラーリのドライバー育成アカデミーのサポートも失ったようだ。

マッティア・ビノットは「今シーズン、彼は改善することが重要だと言ってきた」とCorriere dello Sportに語った。

「我々は数レースで彼と一緒に座って、彼の将来にとって何がベストかを決めるつもりだ」

ハースF1チームは、潜在的にミック・シューマッハを交代させる動きを隠していない。

ギュンター・シュタイナーは「実際のところ、時間的なプレッシャーはまったくない」とRTLに語った。

「他の誰もが時間的なプレッシャーを抱えているが、我々はそうではない。それは我々が自分たちのために維持しているアドバンテージだ」

ギュンター・シュタイナーは、以前はF1のトップスターの1人だったダニエル・リカルドの衰退したキャリアを救うという考えに冷静に見える。

「我々が求めているのは、ドライバーがチームをより良くするためにどのような貢献できるかということだ」とギュンターシュタイナーは語った。

「我々はどの程度のリスクを冒すつもりなのか? 結局、我々の直感は数学的に計算できないものだ」

「ダニエルの状況では、まず彼は自分が何をしたいのかを決めなければならない」

「何かをするように彼を説得することはほとんど意味がない。彼にその気があるならば、彼は間違いなく我々に電話してくるだろう」

「さもなければ、彼はおそらく『僕はサバティカルを取る』など他のことを言うだろう」

明らかに本命は、経験豊富な35歳のドイツ人で、すでにサバティカルを取っているニコ・ヒュルケンベルグだ。

それは、ハースF1チームの現在のドライバーであるケビン・マグヌッセンが5年前にニコ・ヒュルケンベルグと衝突して『俺のXXをしゃぶれ(suck my balls)』と言い放った有名な事件にもかかわらずだ。

ニコ・ヒュルケンベルグとケビン・マグヌッセンを組み合わせることは、ハースF1チームにとって問題になるだろうか?

「ファンはきっと気に入ると思う」とギュンター・シュタイナーは微笑んだ。

ギュンター・シュタイナーは「スーパーライセンスを持つほとんどのドライバー」がハースの候補リストに載っていると述べたが、ニコ・ヒュルケンベルグが最有力候補のようだ.

「ニコのような男は多くの経験をもたらします」とギュンター・シュタイナーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニコ・ヒュルケンベルグ / ケビン・マグヌッセン