ハースF1チーム代表 「オーナーにチームを売却する意向はない」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームオーナーであるジーン・ハースは引き続きF1にコミットしており、チームを売却するつもりはないと語った。

過去数シーズンのF1での成績の悪さから、苦境に立たされていたハースF1チームには撤退、もしくは所有者が変わる可能性があるという噂が定期的に流れていた。

昨年、マイケル・アンドレッティがアルファロメオF1チームを買収しようとして失敗した後、米国チームであるハースF1チームに買収について話し合うために何度もアプローチしたが、役に立たなかったことを明らかにしている。

2021年のハースF1チームの苦労と無意味なキャンペーンにもかかわらず、チーム存続し、もう1シーズンと戦うだけでなく、F1のレギュレーションの変更を利用してパフォーマンスのレベルを大幅に向上させた.

「多くの人から、ハースが売りに出されている、ハースが破産しているという噂がたくさんあった。破産の問題は一度もなかった」とギュンター・シュタイナーはRacingNews365に語った。

「2020年、ジーンは新しいレギュレーションがもたらすものを見たいと思っていた。主に予算上限と新しいお金の分配を伴う金融規制だ」

「それが整理されると、彼はコミットし、チームに献身的になった」

「多くの人がF1チームを買収したいと考えており、ジーン・ハースが売却する場合、引き継ぐことへの関心がなくなることはないだろう」

「しかし、ジーンは現時点で売却に関心はない。彼はチームに残りたいと思っている」

ハースF1チームは、現在、コンストラクターズ ランキングで34ポイントを獲得して7位につけており、6 位のアルファロメオとは17ポイント差となっている。

ギュンター・シュタイナーは、2022年シーズンの後半に「好成績」を収めれば、ハースF1チームがアルファロメオからそのポジションを奪える可能性があると考えている。

「今年のミッドフィールドを予測するのは難しい。各レースで誰かが前にいて、誰かが後ろにいる」とギュンター・シュタイナーは説明した。

「願わくば、7位を守るためにもう少しポイントを獲得できることを願っているし、良い走りができれば、6位を目指せるかもしれない」

「非常に難しいだろうが、何かを目指していなければ、決してそれを達成することはできないだろう。私はいつも運だけではこのようなポジションにたどり着くことはできないと言ってきた」

「だから、1つ目は7位を守ること、2つ目は6位を攻撃することを目指す」

ハースF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース