ハースF1チーム代表 「フェラーリのF1エンジンの信頼性は懸念」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1オーストラリアGPでカルロス・サインツJr.のフェラーリ製F1エンジンが故障するのを見るのはチームにとって懸念事項だったと認める。

カルロス・サインツJr,はレッドブルリンクで3位を走行し、マックス・フェルスタッペンから2位を奪うことを目アしていた56周目にF1-75の後部から煙が上がった。

カルロス・サインツJr.はトラックから離れることを余儀なくされ、そこで彼の車は発火し始めた。一方、彼のチームメイトであるシャルル・ルクレールは勝利を収めた。

他の場所では、ミック・シューマッハとケビン・マグヌッセンがそれぞれ6位と8位でフィニッシュ。フェラーリ製F1エンジンを搭載するハースF1チームは2戦連続でダブルポイントフィニッシュを達成した。

しかし、ギュンター・シュタイナーは、カルロス・サインツJr.に起こったことを見るのが少し心配だったことを否定しない。

F1 Nationのポッドキャストで、カルロス・サインツJr.のフェラーリ製F1エンジンが故障したときに懸念を感じたかと質問されたギュンター・シュタイナーは「いいえ、まったく心配などしなかった・・・冗談だ!」と言った。

しかし、ギュタンー・シュタイナーの不安を和らているのはエンジンのスピードだ。信頼性に懸念があったとしても、フェラーリ製のF1パワーユニットのスピードは依然として強力なアドバンテージである考えている。

「明らかに、サインツに起こったを見るのは良いことではない。今年いくつかの問題があった」とギュンター・シュタイナーは続けた。

「しかし、いつも言っているが、エンジンは非常に優れており、非常に強力だ。一方で、問題がある。明らかに、私はそれらが好きではないが、去年のエンジンと比較してみてほしい」

「少なくともレースをスタートするときは、戦うことができることを知っている。もちろん、問題がある場合、それは非常に残念だが、エンジンは非常に強力だ」

「フェラーリは信頼性を高めるために一生懸命働くと確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / フェラーリ